oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

文章の書き方

魅力的な文章の書き方講座7:文章を生まれ変わらせるのは、テクニックではない。

投稿日:2018年1月23日 更新日:

過去にお送りしていたメール講座「魅力的な文章の書き方講座」を、順次ブログに公開しています。

 

※過去記事はこちら↓

魅力的な文章の書き方講座6:最後に効かせるスパイスで飽きさせない

魅力的な文章の書き方講座5:わかりやすい文章は、相手への思いやり

魅力的な文章の書き方講座4:自分を徹底取材する

魅力的な文章の書き方講座3:具体的な言葉のつくりかた

魅力的な文章の書き方講座2:ボキャブラリーを増やす方法

魅力的な文章の書き方講座1:体温の感じられる文章を書こう

 

魅力的な文章の書き方トレーニング

 

最終回のテーマは「伝える勇気を持つ」です。

 

 

Webを使って発信することに不安がある方へ。

ここまで、あなたの心からの想いがそのまま読み手に伝わるような、体温のある魅力的な文章を書くための方法をお伝えしてきました。

 

最終回でお伝えしておきたいのは、発信する上でのマインドのことです。

 

Webを使って発信するということは、自分のことを世界中に知ってもらうチャンスがあるということ。

しかし裏を返すと、「世界中の誰があなたのことを見ているかわからない」ということです。

 

どんな人が自分の文章を読んでいるかわからない…と思うと、不安になってしまう人もいるかもしれません。「批判されたらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」「炎上してしまったらどうしよう」などと。

実際のところは、批判や炎上を恐れる前に、自分の文章を見つけてもらえるかどうかを心配するほうが先です。

 

Web上には、膨大な量の情報が集まっています。あなたのサイトは、そのうちのたった1つに過ぎない。見つけてもらえるほうが奇跡なのです。文章を読んでもらえるほうが奇跡なのです。

炎上や批判は、見つけてもらえなければ起こりませんので、確率としては奇跡以下です。心配するに及びません。

 

 

伝えるには「伝わらない覚悟」を決めること

とはいえ、

「こちらの意図通りに伝わらない」

ということは、たしかに起こります。

 

具体的な表現を使って、わかりやすい構成で、素直な想いを綴ったつもりなのに、誤解されてしまうことも、たしかにあります。

伝わらないのは悲しいこと。どうしたらよいのでしょうか?

 

ベストを尽くして伝えきって、あとは相手に委ねる勇気と覚悟を持ってください。

 

相手の受けとる行為は相手のものであり、受けとるかどうかは相手が自由に決めることができます。私たちは相手の自由を支配することはできませんから、伝わるかどうかはわからないし、それを怖れても仕方がないのです。失敗することを怖れていては、コミュニケーションは成り立たず、したがって、精一杯、自分のできるかぎりで、自分の気持ちを表現することに、エネルギーを注ぐことが先決なのです。

(『自分の気持ちをきちんと<伝える>技術』平木典子著)

 

文章も、コミュニケーションの道具の1つです。画面の向こう側の人とつながるためのもの。

コミュニケーションって、自分だけでどうにかできるものではありません。伝える側がどんなに頑張っても、実際に伝わるかどうかは、最終的に相手次第です。

 

自分の素直な想いが誤解なく的確に伝わるように、今回のメール講座でお伝えしてきたことを、ご自身のできる範囲でやり尽くしてください。

もしそれでも伝わらないことがあったら、それはもうどうしようもないことです。

 

「私にできることはすべてやった。あとはどう受け取られても仕方ないな」

 

そこまで言えるようにベストを尽くすこと。そこまで言えるように覚悟を決めること。そのぐらい丁寧に力を注いでこそ、真のコミュニケーションが成り立つと私は思っています。

 

そして、それだけの勇気と覚悟が持てた瞬間に、文章って見違えるんです。

 

私はこれまで、たくさんの起業家さんの文章を読んできました。文章の書き方のセミナーや研修も、添削もたくさんしてきました。そして、実際に「文章が見違えた瞬間」にも立ち会ってきました。

文章に最も大きな変化が起こったのは、技術を習得したときではありませんでした。「自分の本音や本心に出会えたとき」、そして「それを伝える覚悟が決まったとき」だったのです。

 

「私、これが伝えたかったんだ!」とか、「この想いを多くの人に知ってもらいたい!」と思えたときこそ、「この想いを伝えるためにベストを尽くそう!」という気持ちになれる。

そして、「自分はベストを尽くした」と思えるほど頑張ったからこそ、「これだけ頑張っても伝わらなかったら仕方がない」と腹がくくれるわけです。

 

想いの強さは文章の強さ。覚悟を決めて心の底からまっすぐ発された言葉ほど、強いものはありません。

 

 

どうか、書き続けてください。

この講座は、今日で終了します。簡単な内容ではなかったかもしれません。頭をたくさん使っていただいたと思います。

 

文章の上達には、どうしても継続が必要です。自分で実際に文章を書き、Web上にアップして、他人の目に触れさせて、何かしらの反応を得ることが、何よりも勉強になります。

ぜひ、これまでにお伝えした内容を意識しながら、発信し続けてください。

 

いくら頑張っても、全員に好かれることはありません。ときには嬉しくない反応が返ってくるかもしれない。

でも、発信し続けていれば必ず、あなたの想いに共感してくれる人が現れ、集まってくる。「伝わった!」と実感できる日が必ずやってきます。

 

ここまで来られたあなたなら大丈夫。どうか安心して、諦めることなく、あなたの素直な想いを発信していってください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたの文章が魅力を増して、多くの人を惹きつけますように…。

 

 

※もっと読まれるブログにしたい方、もっとブログで集客したい方へ。

もし、文章があなたの代わりにお客様を連れてきてくれるとしたら。【WordPress記事編集サポート】

 

 

 

-文章の書き方

執筆者:

関連記事

チョコミントには抵抗勢力がいると聞いて

※こちら、「みんなでブログを書く会」の時間内に書き上げた記事です!     「写真撮ってもいいですか?」   日が沈んで真っ暗になった18時過ぎ。カフェでメルマガの原稿を …

【購入につながる伝え方】お客様との関係は「縦」と「横」で築く

「商品のことをちゃんと説明しなきゃ、知識を一生懸命伝えなきゃ…と思っていたけど、実際には、相手の話を聴いてるだけで喜ばれて、買ってもらえることもあるんだよね」   先日、美容関係のお仕事の方 …

1/21「みんなでブログを書く会」開催します!

1時間半ぐらいで、みんなで&#x …

【文章力の基本】印象に残る文章の書き方とは

よく相談される内容の1つが「文章の書き方」です。 今はブログやSNSなどを使ったWeb集客が当たり前になっているので、会社を離れて自分で仕事をしようと思ったら、ブログが書けません…とか言っているのはも …

魅力的な文章の書き方トレーニング

魅力的な文章の書き方講座3:具体的な言葉のつくりかた

過去にお送りしていたメール講座「魅力的な文章の書き方講座」を、順次ブログに公開しています。   ※第1回と第2回はこちら。 魅力的な文章の書き方トレーニング1:体温の感じられる文章を書こう。 …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *