oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

魅力的な人&モノ

「私」という人間を表したインテリア書が面白すぎて笑った件

投稿日:

先日開催いたしましたイベント「マジメなアソビ」。

 

私もすっかり客気分で、出展者のみなさまの展示を楽しんでいたのですが、そのときに人気だったこちら↓

【5/5マジメなアソビ出展者紹介②】書道+占い:目時白珠

 

誕生日をある方法で計算し、その結果から導き出された「色」「数字」「言葉」を組み合わせて、あなただけのインテリア書をお作りします。

 

…というのが目時さんの出展内容でした。

 

内容を知ったときから「これ絶対に受けたい!」と思っていて、封筒にお金を用意して当日に臨んだのですよ、私。

誕生日から導き出す色や数字、キーワードぐらいは、同じシステムを使えば同じになるはずですが、そこから何を感じ、何を取り出して、何を伝え、何を形にするのか…といったあたりには、確実に個性が出るはず

目時さんの感性では、私の誕生日からどんな情報が捉えられて、どんな作品になるのか、とても興味がありました。目時さんの書、いつもすごく発想が豊かで面白いですし。

 

で、当日、イベント終了後になってしまったのですが(人気だったからね)、誕生日をお伝えして、そこからわかる情報を教えていただいたりして、20分ぐらいお話しまして。

作品に関する希望も聞かれたのですが、自分がどんなふうに捉えられるのか興味があったので、「目時さんのイメージにおまかせ」とお願いしました。

 

そして。

 

 

届きました。

 

「今の智恵さんをイメージしたら、面白いものが出来ました」ということなのですが…

 

 

赤い文字?に、(写真だとわかりにくいけど)キラキラしたきれいなシルバーの台紙。たしかに何やら面白い形をしています。紙、斜めだし。力強くてかっこいい。

 

で、こちらは「あなたがより輝くためのポイントが分かるミニカルテ(300~400字程度)」もついているのですが、最後に書かれている「インテリア書のテーマ」を読んで大笑いしてしまった。

カルテ、公開許可を頂いたので、貼り付けておきますね。私のことが詳しく知りたい「ちえマニア」のみなさまは、画像をクリックすると読みやすくなるかと思います。

↓↓↓

 

「私が、及川智恵ですけど何か!?」というイメージで書きました。「ち」「え」の字をデザイン化したのですが、組み合わせてみたら「恵」の漢字の草書体っぽくなりましたw

「恵」の漢字の草書体ってこんな感じね(ページ下のほう)。たしかに似てる。

 

 

…まさかの私の名前でした。

 

もうこの発想が好き(告白)。

そうきたか…!もっと普通にキーワードが書かれてくるものだと思ってたので、斜め上すぎてほんと笑いました。

 

そして、カルテもまた自分そのもの感がすごくて、笑うしかないですよね。

イベント当日、誕生日から数字を出してもらったら、数字が「1、2、3!」っていうキレイな並びだったのです。

それで、対応する色がシルバー、赤、オレンジ。強そう。「強そう…」って実際に言った気がする(笑)。

 

1、2、3の数字を持つ人は、自分のペースで動くことが好き、アイデアマン、抑圧されたくない、自己主張の塊というのがキーワード

 

見てください、このいかにも人の言うことを聞けなさそうなキーワードのオンパレード!w

何の数字か忘れましたけど、イベントの日に、「もうこれ、ちえさんそのままじゃないですか!」って数字の特徴をずらっと読み上げられた記憶があります(笑)。「すみませんでした…」っていうレベルで完全一致。

そりゃ赤い文字で名前をぶっとく書きたくなりますわ…。

 

でも、カルテをよく読んでみると、「メッセージ」の冒頭に「従順なところが」とか「校長先生よりも保健の先生」とか書いてあるわけで(これはいわゆる星占い的な乙女座の特徴??)。

 

個人的に、ここ1、2年で気づいたのは、

  • 裏方と主役、両方やったほうがバランスが取りやすい
  • 仕事は裏方的でも問題なし
  • 創作があれば主役感が持てる

…ってことだったんですよね。明確に1つに絞り込んだり、線引きをしたりするという方向ではなくて。

まあ、仕事は「裏方」というよりは、裏でしっかり操る「黒幕」の可能性も否めないですが…。

 

なので、一見矛盾するような要素が混じってるようにも読み取れるんですが、それはそれで、というかある意味それでこそ、「私が、及川智恵ですが何か!?」という感じになるのかもしれない。結局、雑食系。

 

一方で、私の抽象的な作品を見て、『「自分は何者にでもなれる」という自信や開き直り(?)の表れ』と評してくださったのはとても興味深いな、と。本人は無意識ですが。

個人的には、「何者にでもなれる」というか、自分を意識しすぎない力の抜け具合こそが個性を作るのでは?と思うようになったので、私にとっては今のそんな状態こそが「私が、及川智恵ですが何か!?」だなあと思ったりもしました。

(そんな話はこちらの記事が近いかな)

 

いずれにしても。

こういう形で定期的に第三者目線での自分を発見するというのは、やっぱり面白いですね。新たな側面が発見できたり、あるいは今の自分に確信が持てたり、うまく使うととても良い効果があるなと改めて思いました。

 

星の動きとしては、2018年5月16日に天王星がおうし座に移動するというビッグイベントがあるようで(なんか私には意味はわかんないけどそういう捉え方ですよね、たぶん)、ちょうど節目的なタイミングでもあったようです。

何が変わるのか、何が変わらないのか、よくわかりませんが、「このままで良い」ということをイベントのときに言われているので、自分の思うままに進んでいきたいと思います。根本的にそういう人間ですしw

 

目時さん、本当にありがとうございました!作品は机の上に飾っております。

目時さんは、こうしたインテリア書だけでなく、初心者から通える書道教室も開いていらっしゃいます。Webサイトはこちら。

 

 

-魅力的な人&モノ

執筆者:

関連記事

星野源「Family Song」の懐の深さが本当にすごい

レビュー記事を書いたりライブ遠征したりしたおかげで、私の星野源ファンぶりがだいぶ世に知れてきた今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。   そんな星野源ファンの私がぶち込む本日のネタは …

【好きなところ100】大切な人に贈るために、自分を好きになるために。

先日、ロフトで買い物をしていたら、敬老の日コーナーでこんなものを発見。     present book 好きなところ100というもの。 文庫本よりもさらに一回り小さくて、私の手に …

【5/5マジメなアソビ出展者紹介③】フラワーデザイン:下坂のり子

「1日限定の個展のようなワークショップのようなお茶会のようなイベント」という発想で始まり、今年も開催することになった「マジメなアソビ」。 5/5(土・祝)今年も「マジメなアソビ」開催します! &nbs …

【5/5マジメなアソビ出展者紹介④】「曲者プロモーター」:山田良美

「1日限定の個展のようなワークショップのようなお茶会のようなイベント」という発想で始まり、今年も開催することになった「マジメなアソビ」。 5/5(土・祝)今年も「マジメなアソビ」開催します! &nbs …

星野源「ドラえもん」と、大人の私と子どもの私。

いくらファンだからって、CD出すたびに何かを書きたいわけではないのです。本当に感動したときだけ書きたいのです。そうじゃなければTwitterで適当につぶやいて終わりで良いわけで。 でも結局、感動して書 …