oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

Web発信術 文章の書き方

チョコミントに想いを馳せながら、ブログに関する質問に答えてきました。

投稿日:2017年12月7日 更新日:

 

昨日は「みんなでブログを書く会」第1回を開催いたしました!

1/21「みんなでブログを書く会」開催します!

 

「1時間半という時間制限のある中で、ブログ記事を1本アップする」という会だったのですが、別に厳しい訓練がしたかったわけではなく、むしろゲーム感覚で書きたいことをわーっと書く場を作りたかった、そんな企画です。

時間制限って、ゲーム感出ますよね。何の困難もない誰でもできるゲームって面白くないわけで。主催側の私も「みなさんからの質問を受け付けつつ1本書く」というハンデ付きで挑みました。そう、こっちも真剣!w

 

今回が第1回ということで、どうなるかな…と思っていたのですが、

・1年以上、ほぼ毎日ブログをアップされている方

・1年以上、ブログをほったらかしにされていた方

という両極端なお二人が集まってくださいました(笑)。

 

ますますどうなるんだこれは…って感じでしたが、私も含めて全員、ちゃんと時間内に書き終えてアップ完了!めでたしめでたし。

「セミナーで一方的に話をされるよりも楽しかった!」という声も頂きまして、やってみて良かったなあと思いました。

 

やっぱりどうしても1人1人必要な情報って違うので、

・実践の場を作る

・自由に質問しやすい空気を作る

この2点は絶対必要だと思うんですよね。

 

会場で出た質問をいくつかまとめておきます。

 

ブログネタ、どうやって見つける?

最初のうち、ちょっと悩まれていたようだったので、いくつかヒントをお伝えしました。

 

まずはこちらの記事の話を簡単に。「縦」と「横」、どっちの記事書きますか?っていう話をしました。

【購入につながる伝え方】お客様との関係は「縦」と「横」で築く

 

それから、たまたま昨日の会場は雑誌が何冊も置いてあったので、表紙に書いてあった「死ぬまでに泊まりたいホテル」という言葉から連想ゲームを

どのキーワードを拾うかによって、いろんな発想が可能ですよね。例えば「死ぬまでにxxしたい」シリーズ、いくつも書けそうですし、「ホテル」という切り口で思い出を語ってもいいし、旅行とか癒しについて書いてもいいし。

一見まったく関係ないテーマにたどり着いた方もいらっしゃいましたが、発想を広げて、うまくご自身の専門分野につなげて記事にされていましたね。

 

ネタに困ったら、とりあえず周りをきょろきょろしてみると良いです(笑)。

 

読まれるタイトルの付け方って?

これ、とっさに良い例が出てこなかったんですが、やり方の1つとして、「ギャップを作る」というのがあります。

 

「ビリギャル」ってあったじゃないですか。

「学年ビリのギャル」っていうのと「慶應大学に現役合格」って、ものすごいギャップがあるんですよね。「えええっ!?」ってなる。

そんな感じで、タイトルの中でギャップを作ってあげる。他に例挙げるとしたらなんだろう、「日本一のパワースポットで人生最大の災難に遭った話」とか?

 

あと、個人的に極端な「釣りタイトル」は付けないことにしています。いくらタイトルで「えっ?」と思って本文を開いてもらえても、読んだら「なーんだ…」って思われちゃうと、信頼度がガタ落ちしますので…。

 

文章がうまく終わらせられません

これ、私もたまにうまく終わらせられなくて困るんですけど(笑)。

会場でお伝えしたのは2種類。ちょっと説明が難しいんですが、ざっくりこんな感じです。

 

①暗く終わらせない。オチを作るというか、明るいほうに持っていく。

関東人の私としては「オチ」って考えると難しいんだけど、未来に希望が持てる感じというか、嫌な感じで終わらないように意識はしています。

嫌な出来事について書いていても、「でも、こんな良いこともあったので良しとしまーす」って良いことを探すとか。あとは、写真で笑いを誘ったりほっこり感を出すとかね。

 

②読み手が応用しやすい形にして、書いた内容をまとめてあげる。

自分事にしてあげる」って言ったらいいのかな。特に自分自身の経験を記事にするときは、「この経験がどんなふうに相手の役に立つか」って具体的に考えてあげると良いかもしれません。書いた中身を相手が応用しやすいように。

例えば、自分の失敗談を書いたとしたら、自分の話を書いて終わりにしないで、「こういうところに注意すると失敗しないですよ」って相手目線の話に持っていってあげる感じ。

 

…主な質問はこんな感じでした。1人1人の記事や事情、ビジネスの中身などによって、もっと適した答えがあるかもしれません。

個別に聞いていただければどんどんお答えしますので、次回1月21日(日)のご参加もお待ちしております!

書きながら質問できるので、「行き詰まったときの対処法」みたいのをお持ち帰りいただけると良いかなと思っています。書いてる最中に質問する機会って、普通ないもんね。

 

上達の秘訣って、「ちょっと負荷をかけること」なんですよね。筋トレと同じで、少しきつい重さを持ち上げる、みたいな。でもそれって苦しいので、みんなと一緒にゲームっぽくやっちゃおうぜ、っていう話です(笑)。

別に長く書かなくてもいいし、動画とか写真でごまかしたって1記事になるのだし(笑)。たしかに頭使いますけど、頭の使い方もいろいろで大丈夫です。真剣に取り組みたい方も、楽しみたい方も、どちらも歓迎します。

 

こちら、私の視点から見た作業風景。お前、何調べてんだよっていう図ですが、

見ての通り(?)、チョコミントについて調べていました。私は苦手なんですけどね。チョコミントではなくて、チョコが。

 

こちら、みなさんの質問に答えつつ、Facebookに投稿しつつ、私が時間内で書いた記事です。いまひとつ面白く終われなかった…(今回は私のが一番駄作かもしれないw)次回はもっと頑張る!

チョコミントには抵抗勢力がいると聞いて

 

 

-Web発信術, 文章の書き方

執筆者:

関連記事

ヒロインだらけの時代に、良いコンテンツを作るってどういうことか

個展の話が続きましたので、今日はちょっと違う切り口の話を。創作してる人にも起業してる人にも関係ある話かな。 最近私が気になっていたネタを一気にまとめておきたいと思います。     …

臆病者よ、筆を取れ【天狼院書店ライティング・ゼミを受講しました】

【書きました&狙いました&#x3 …

魅力的な文章の書き方トレーニング

魅力的な文章の書き方講座7:文章を生まれ変わらせるのは、テクニックではない。

過去にお送りしていたメール講座「魅力的な文章の書き方講座」を、順次ブログに公開しています。   ※過去記事はこちら↓ 魅力的な文章の書き方講座6:最後に効かせるスパイスで飽きさせない 魅力的 …

【10年つかえるSEOの基本】テクニックの前に本質を押さえるための本。

「ブログが書けない」とか「ブログを書いてもアクセスが増えない」とか「ブログを書いても申込が来ない」とか、Webの文章がらみの相談、以前からずいぶんたくさん受けてきました。 中には、「この言葉を使ったほ …

魅力的な文章の書き方トレーニング

魅力的な文章の書き方講座2:ボキャブラリーを増やす方法

過去にお送りしていたメール講座「魅力的な文章の書き方講座」を、順次ブログに公開しています。 ※第1回はこちら。 魅力的な文章の書き方トレーニング1:体温の感じられる文章を書こう。   今回は …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *