oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

Photo Art

5/5「マジメなアソビ」で私がどうしてもやりたかったこと。

投稿日:

5月に入りましたね。いよいよこちらのイベントも間近です↓

5/5(土・祝)今年も「マジメなアソビ」開催します!

 

昨年は準備期間10日ぐらいで突発的に開催しましたが、今年は企画の段階から、私の中では目的がものすごくはっきりしていました。

 

今回の「マジメなアソビ」は、私のイベントというよりは「応援と紹介の企画」にしよう、と。

 

 

理由はいろいろあるけど、そもそも私はずっと、「1人1人の魅力を引き出して、世に発信することで、自分らしく活躍できる人を増やしたい」と言っていた人です。

仕事(サービス)としては縮小しちゃっていますけど、むしろ仕事としてではなく、私が心から推薦できる人を世に押し出すようなことができたらいいな、とずっと考えていました。

純粋に私が「この人をおすすめしたい」「この人に活躍してほしい」と思う人のことを、ただまっすぐ素直に伝えたかったのです。お金を払ってくれたら誰でもOK、ということではなくて。

 

まあ、完全ボランティアでそればかりやるのは無理だけど、「何の下心もない愛や情熱こそ最も伝わる」というのはもう絶対的な法則だと思っているので、そこを何かしらの形でやりたかったのです。

(だから、今後このブログとかで、私の好きな人だけインタビューして紹介するとか、そういうのはやってもいいよな。本当は別サイト立ち上げることも考えたけど、今の私ではいろんな意味でちょっと厳しい)

 

で、あまりヘビーなものは抱えきれないけれど…1日だけの「マジメなアソビ」という形でならできる!と思いました。

 

「マジメなアソビ」は「作品展のようなお茶会のようなイベント」という趣旨で始めたので、出展者を集めるなら、アートをやっている人たちかな、と。

 

アートをやっていると、「良いものを創れば見つけてもらえる」という考えをよく聞くし、それはとても美しいけれど、現実は必ずしもそうではなくて、見つけてもらうための工夫が必要なのですよね。

私はその辺身を持ってわかってるので、私のほう(企画側)で創作以外の部分をある程度担えたら、それだけでも意義があるのではないか?と思いました。個展とかやるとわかるんだけど、創作と宣伝を両立するのってハードなので。

もちろん、各自の「体温」が伝わる方がいいので、宣伝なんかは個々にもやってもらったほうが効果が高いのですけど、私のほうで基本的な情報だけでも発信できればだいぶ違うし、自分より他人のほうが堂々と紹介しやすいですしね。

 

ぐるぐる思いを巡らせたら、あっという間に数人、声を掛けたい人が浮かびました。

マジメに遊んでくれそうな人。せっかくだから何か新しいことを始めたそうな気配のある人。何より人間として信頼できて面白さのある人。胸を張って紹介できる人。

私が「この人なら!」と思える人だけ集めて出展してもらって、会場でお客様や出展者を紹介しあえたら最高だなと思い、出展者候補に声を掛け始めたのが3月末のこと。

 

↓出展者の紹介もごりごり書きました。他己紹介楽しい。もっと書きたい…。

 

No. 2 目時白珠:誕生日から導く、あなたの味方になるインテリア書 ※ミニカルテ付き(仮)

No. 3 下坂のり子:【作品展示&販売】フラワーデザインをアートに!
※レッスンご招待の特典あり

No. 4 山田良美:~コサージュから缶バッチまで~ブローチde「マジメにアソブ」

 

 

…それで、いろいろ書いたのですが。

 

早い話がどうしてもやりたかったので、(前回もそうだったけど)今回も、

 

私がやりたいからやるのだ(文句あるか)

 

という気持ちです。実は金勘定さえほとんどしていませんw

だって私が出展者を応援したいだけの企画なんだもの。やりたかったんだもの。ビジネスとか以前にやりたいことやらせろ!って話ですよ。

それに雑食系フリーランスは雑食なんだから、何かしら仕事してどっからか金取ってくればいいのよ(雑)。

 

制作途中。「形を失った世界」ってコンセプトで攻めたら、若干頭おかしい感じになった…。

 

私自身の作品は、昨年11月と今年1月に個展をやったばかりですので、「もういいよ…」っていう感じの人もたくさんいらっしゃると思います。数ヵ月にわたってさんざんお知らせもしていたので、もう飽きている人も多いでしょう(笑)。

とはいえ、個展に来られなかった方もいますし、言い出しっぺである以上何か出さないとダメよね…ということで、新作含め、私の作品も持っていきます。ワークショップも募集中です(でも人集まってないのでやらずに遊んでるかもw)。

ですので、「ちえさんに会いたい」「ちえさんの作品が見たい」という方は、ぜひ会場で私をつかまえてください。いろいろお話しましょう。私としても、会いにきていただけるのは本当に嬉しいし、とても有り難いことです。

 

しかし、今回は主役が自分であるという自覚はありません。

私はできる限り、出展者とお客様の間の「媒体」でありたい。

 

なので、私目当てで遊びにきてくださる方も、ちらっとでもいいから、ぜひ他の出展者の作品を見てみてください。もしよろしければ、会場にいる他の人たちと話をしてみてください。私がおつなぎしても構いません。

出展者として選んだのは、私が「信頼できる」「面白いことをやっている」と思った人たちだけです。今回メンバーを公募しなかったのは、信頼の部分をしっかり担保したかったからです。私が信頼できない人は応援も紹介もできない。

 

前回に続いて「人をつなぐ」という機能はとても重視していて、「ゲリラお茶会」的な軽いノリは保っておきたいと思っています(こんな記事も書いたしね)。ご縁がつながっていったら嬉しい。

コミュニティが大切な時代に、自分の世界を広げるということ

 

そしてさらにその先として、出展者の方々に親しみを持ってもらえたら嬉しいし、作品を気に入ってもらえたらもっと嬉しいです。好きなモノが増えるのは幸せが増えることだから。

 

私は、創作をする人たちに出会い、アートに触れるようになったことで、人生がずいぶんと変わってしまいました。「アートの才能がない」と言われて育てられた人間が、どうしてこんなことしているんだろうか、ほんとに。

 

人やモノと「出会う」って、人生を動かす力がある。

そして、さまざまな出会いを最大限に活かすコツは、「マジメにアソブ」ことだと思っています。

真剣に楽しく取り組んだ者こそが、人生を制するんじゃないか、と。

 

5月5日(土)、お待ちしています!

5/5(土・祝)今年も「マジメなアソビ」開催します!

 

-Photo Art

執筆者:

関連記事

【個展まであと1日】東山駅からあーとぺーじ唯心への道順

明日からいよいよ個展がスタートします。 及川智恵 個展「レンズたちのむこう側」2017.11.7-12@京都   昨日、搬入作業をほぼ終えまして、あとはスタートを待つばかり…という感じです( …

「あいつにもできるんだから」と言われてみたい

  こちら、私が写真を出展するときに使っているプロフィール文。   「及川家は芸術の才能がないのよ」としつこく聞かされながら育ち、その言葉を1ミリも疑うことなく成長する。 2009 …

台湾旅行には「写ルンです」を持っていくべし!

※2017年5月、台湾(台北)に行ってきました。 【はじめての台湾女子旅①】総統府→四四南村→象山→鼎泰豊→饒河街夜市 【はじめての台湾女子旅②】タクシーを貸し切って十分&九份へ   今日は …

子どもよりも大人のほうが、きっと無邪気になれるから

「大人が無邪気になる」ということについて、ちょっと考えていたのですね。   一般的に、無邪気さって子どもとか若いうちのものだと思われがちです。「大人になる=汚れていく」みたいな言い方、けっこ …

【5/5マジメなアソビ出展者紹介②】書道+占い:目時白珠

「1日限定の個展のようなワークショップのようなお茶会のようなイベント」という発想で始まり、今年も開催することになった「マジメなアソビ」。 5/5(土・祝)今年も「マジメなアソビ」開催します! &nbs …