oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

人間観察日記

【人間観察日記・15】恋の香りは、きっと一生逃れられない罠

投稿日:2017年12月11日 更新日:

毒とか罠がかわいく使える女子って、今になってすごくうらやましい。

 

 

 

Vol. 15 恋の香りは、きっと一生逃れられない罠

香害に見舞われている。

 

私は今、カフェのカウンター席に座っている。

ルーベンサンドとアメリカンコーヒー。お気に入りの組み合わせを選び、穏やかなランチタイムを過ごしていたところ、隣の席にこってり甘い香りがやってきた。

 

香りの持ち主は、20歳ぐらいの若い女性だ。

 

黒いセーターにベビーピンクのスカート、黒いタイツ。セーターの袖口にはファーが付いていて、ふわりと広がっている。スカートはレースのタイトスカートだ。

ぱっちりアイメイクも、少しくるっとしたショートボブも、きれいに決まっている。耳には大きめのお花のピアスが揺れている。

「男受けしそう」というのが第一印象なのだが、この後デートにでも行くのだろうか。今はお茶を飲みながら本を開いているけれど。

 

でもたしかにかわいい。女性の私から見ても、女の子っていいなあと思ってしまうかわいさなのだから、デートできる男性は幸せだろうなあ。

 

ただし、1点を除いては。

そう、冒頭に書いたように、香水がききすぎていて、香害ぎみなのだ。

 

私自身は香水も好きだし、シャンプーや柔軟剤などの香りにも比較的寛容な方だと思うのだが、そんな私でも「これを香害と呼ぶんだな」と思うほどの強い香りがする。ちょっと気合いを入れすぎちゃったんじゃないですかねぇ、お嬢さん。

もしかして、彼に会うのは夕方とか夜なのだろうか。それまでには程良く香りが飛んで、ちょうどいい塩梅になるはず…なんてことを狙っていたりするのだろうか。

 

ちょっときつすぎるとはいえ、とても甘くて女の子らしい香りは、彼女の今日のイメージにはたしかに合っている。

香りの内訳とか銘柄には一切詳しくないので、「甘い」としか私には説明できないのだけど、わずかに化粧品の粉っぽい香りもする。それをクリームでくるんでアイシングして甘くかわいくしたような、そんなイメージの香り。

 

毒々しい色のマカロンが頭に浮かんだ。それも、頭が痛くなるぐらい攻撃的に甘いやつ。そこまで甘くしなくていいでしょ、って言いたくなるぐらいのやつ。

そんなマカロンな彼女は、私の隣で電子辞書と英語の本を広げて絶賛お勉強中だ。大学生なのか。

 

…なんだろう、香りがきつくて嫌だなと思っていたはずなのに、頬がどんどんゆるんでいってしまう。

 

毒はときに甘さだし、痛みはときに快楽だし、攻撃はときに愛だ。そして多くの場合、逆も成り立つ。

毒と甘さ。痛みと快楽。攻撃と愛。こういう「嬉しいのに苦しい」二面性って、考えてみたら恋そのものじゃないですか。

 

人間の鼻は、香りに比較的すぐに慣れてしまう。それなのに、香りは記憶に残りやすい。昔好きだった人が付けていたのと同じ香りを街中でかぐと、ふと記憶がよみがえってきてキュンとする…みたいな話はよく聞く。

簡単に忘れられると思っていたのに、忘れさせてくれない。甘さや快楽が悲しみや痛みに変わって、もう会うことがなくなった後でも、思い出だけはしっかり追いかけてくる…恋も香りも、どっちもそうなのだ。

 

しかも彼女の場合は、香り自体が恋だ。恋そのものを纏っているのだ。一度惚れてしまったら、本当に一生まとわりついて離してもらえないような、そんな甘さと毒のある香り。

 

女性よりも男性のほうが、過去を忘れずに握りしめていることが多い気がする。彼女の甘すぎる香りに翻弄されて、彼女を忘れられなくなってしまう男性の影が見えた気がした。

見た目だけではなく、香りでも恋を纏う。相手の人生のねじを確実にゆるめる戦法だな、これは。使い方によってはほとんど「罠」だろうよ。

 

間違いなくこの後はデートだ。なんだか妙に彼女を応援したくなってしまった。

いや、実際に彼女がこの後デートに行くのかどうか、確かめる術はない。でも、仮に私が彼女ぐらいの年齢の男性だったとしたら、彼女の甘い毒に敵う気がしないので、やっぱりデートであってほしいなと思う。男子よ、翻弄されるがよい。

 

12月のデートって、華やかで幸せでちょっとだけ切なくて、最高だよね。楽しんでおいで。おかげさまで私も、あなたの甘い香りにずいぶん慣れてきたわ。

 

まあ、鼻の奥がちょっと痛んでるけど。

 

 

今日のカフェ情報:エ・プロントのNYルーベンサンド。

 

ルーベンサンドの具は、コンビーフ、ザワークラウト、チーズ。

なぜだかこの組み合わせにハマってしまって、エ・プロントでランチをする機会があると頼んでしまいます。

おいしいんだけど、あんまりルーベンサンド置いてるお店ってないような気がする。ご存知でしたらぜひ教えてくださいませ。知ってるのカフェ・クロワッサンぐらいかなあ。

 

エ・プロントのNYルーベンサンド&アメリカンコーヒーのセット、950円。

 

本サイトに書きためた「人間観察日記」を全面的に加筆修正&新作追加しています^^

↓↓↓

こちらから1編だけ立ち読みできます。残りはぜひお手元で。

 

 

-人間観察日記

執筆者:

関連記事

【人間観察日記・16】仕事始めはカフェ出勤

カフェはいつもやさしくて、コーヒーはいつも少しだけ現実的で苦い。     Vol. 16 仕事始めはカフェ出勤 新年4日、仕事始め。お正月モードを抜けて、少しずつ元通りになっていく …

【人間観察日記・14】たったスプーンひとさじのことなのに

ぐるぐると考えていた。 品の良さって、内面からにじみ出る美しさって、いったい何なのだろうか、と。       Vol. 14 たったスプーンひとさじのことなのに 黒いハイ …

【人間観察日記・9】世界は広い、という当たり前の事実に触れるとき

世界をすべて知ることはできないけれど、「世界は広いんだな」と感じることならできたりするよね。     Vol. 9 世界は広い、という当たり前の事実に触れるとき 「50円のお返しで …

「自己啓発本は役に立たない」と思っているあなたへ。

じこ‐けいはつ【自己啓発】 本人の意思で、自分自身の能力向上や精神的な成長を目指すこと。また、そのための訓練。(デジタル大辞泉より)     「自己啓発本」という一大ジャンルがある …

【人間観察日記・8】就職活動、真っ只中

人間、楽しいことなら簡単に覚えられるものなのだ。興味のないことは聞いたそばから忘れていくのにね。     Vol. 8 就職活動、真っ只中 頻繁に立ち寄るお気に入りのカフェ。いつも …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *