oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

起業・フリーランス

個人事業主の起業当初の行き詰まり、9割は「気のせい」?

投稿日:2017年5月11日 更新日:

 

自分でビジネスを始めてはみたものの、いまいちお客様が集まらない…。

そんな個人事業主の方が、私のところに相談に来ることが多々あります。ご自身ではすっかり行き詰まったと感じていて、先に進むためのアドバイスが欲しいということで。

 

しかし、お話を伺っていくと、行き詰まってるなんてとんでもない、

 

9割ぐらいの人は、やれること、やるべきことがまだ山ほど残っている

 

と感じるのですよね。行き詰まるどころか、まだまだ変化や成長の余地がありまくりじゃないか!と。

 

 

個人事業主が「行き詰まった」と感じる理由。

理由は本当に人それぞれだと思うのですが、今までに多かったケースをまとめてみると、だいたい以下のような感じです。

 

売ることに恐れがある。

一番多いのが、営業や告知を遠慮しすぎてしまって、そもそも周りの人にも何をやっているのか知られていないというケースでしょうか。

一度や二度Webで告知したぐらいでは伝わらないことがいっぱいあるのですけど、「しつこく思われそう」「嫌われそう」って心配になりがち。大丈夫です、だいたいそんなに伝わってないから(笑)。

しつこいと思われてもすすめたくなってしまうぐらい、自分自身がサービスや商品の良さをちゃんと理解しているかどうか、というのも1つのポイントかもしれません。自分が本当に売りたいものを売っているかどうか。

 

お金や数字の扱いが苦手。

売上を増やしたい!と言いながら、原価や利益の計算を全然していなくて、「いくらやっても儲からないよねこれ…」というビジネスをしちゃう人、意外と見かけます。利益が出ないとそもそも続けられないです。

あと、根本的に「安くないと売れない」って思いすぎていることもあります。あんまり低価格にしてしまうと、安っぽいものとか品質の悪いものを提供しているように見えてしまう恐れもあるんですよね。

 

Webで何となく発信して満足してしまっている。

Facebookとか見てると、投稿するだけで簡単に人が集まるように見えちゃうのでしょうか…。

いえいえ、Webから集客できている人は、ちゃんと頭を使ってまめに発信してるのですよ。ビジネスに使おうと思ったら、漫然とやっていてもダメなわけで、たくさん考えることはあります。

ブログにしろ他のSNSにしろ、Web発信ってそれなりの時間が取られるものです。文章を書く時間とか写真を撮る時間とか。でも、人とのコミュニケーションの道具ですもの、コミュニケーション手抜きしたら関係性は築けないよね

 

※「縦」と「横」を意識して発信するとお客様に伝わりやすいです。以下の記事もご参照ください。

【購入につながる伝え方】お客様との関係は「縦」と「横」で築く

 

外に出ずにひきこもっている。

これ、Webをやっていればどこからか知らない人が集まってきて、ちゃんとビジネスになる…って思っている人が意外と多いのですねぇ。

直接リアルに顔を合わせることほど即効性のあるものってないです。それはいきなり営業を仕掛けるってことじゃなくて、対面したほうがコミュニケーションが取れて信頼関係が作りやすいですよね。

私の場合、ブログを検索で見つけてくださる方が増えてきたので、このサイトが初対面というケースも多いですけど、SNSは「リアルで知り合った人と関係を深めるために使う」というイメージにしています。

 

他人に影響を受けすぎて自分を見失っている。

今はSNSとかでいろんな人の情報が見えてしまうので、それに影響されすぎて、自分のやるべきことを見失ってしまう人、けっこう多いです。そもそも「起業したい」っていう想い自体を疑ったほうがいい人もいるよね?

自分が本当にやりたいことは何なのか。なぜわざわざ起業したいのか。自分の強みや魅力は何なのか。

この状態の人は、情報収集や勉強をするのではなく、自分にさまざまな質問を問いかけて自分という「軸」を取り戻さないと、行き詰まったままになっちゃいます。

 

※やるべきことが見えなくなったら、この記事で紹介した言葉を自分に問いかけてみてもいいかも。

好きなことで起業・独立するなら覚えておきたい、フリーランスの先輩の言葉

 

発想や視野が狭くなっている。

集客できない、利益が出ない…そんな状態になればなるほど、いつの間にか視野が狭まってしまって、おかしなことをしてしまうものです。気持ちに余裕があるって大事ね。

また、「こんなことやっておかしいと思われないか?」とか「こんなこと時分にはできない…」とか、自分に自分で縛りをかけてしまっていることもありますね。周りから見たらなんてことなかったりするのに。

 

 

行き詰まった状態から突破口を開くためには?

行き詰まりの理由を考えると、打つべき手は以下の3つのどれかじゃないかなと思います。

 

 

1.知識を増やす。

数字の考え方がわからないのなら勉強するしかない。

Web集客のやり方がわからないのなら勉強するしかない。

知らないことがあるなら、学んで知識を得ればいいわけです。人に頼んでしまうという方法もあるけど、外注するにも、ある程度知識があったほうが依頼しやすいことってたくさんあります。本を読んだりセミナーに行ったりすればいい。

 

2.自分の思い込みや本当の想いに気づく。

自分で自分を見つめ直す作業に慣れている人なら、自問自答タイムを取って頭と心を整理すると良いですね。本当は何がしたいんだっけ?どうなりたいんだっけ?この思い込みって正しいのか?などなど。

ただ、どうしても自分のことって自分では見えにくい部分があるので、コーチやコンサルタント、カウンセラーさんの手を借りるのも手です。自分では思いつかなかったような可能性や発想に出会えるかもしれないから。

 

3.自分よりも1歩先を歩いている人に会う。

自分が思いつくことって、どうしても自分の経験の範囲内になってしまうので、自分よりも先を歩いていて、自分が経験したことのないような世界を当たり前に経験している人に会って話をする。これは常に頭の片隅に置いてること。

自分と同じようなことをしている人じゃなくて、「すごいな」「あんなふうになりたいな」と少しでも思える人が良いです。あと、雲の上の人ではないほうがいいです。遠すぎると何を参考にしていいのか、現実に落とすのが難しいから。

 

まとめてしまうとこんなところでしょうか。今の自分に必要なものを見極めることからスタートして、必要だと思ったら、適切な人に助けを求めたりすればいい。

 

 

行き詰まりは世界を広げるチャンス

行き詰まりに気づくということは、ある意味ものすごくチャンスだと思うんですよね。

意識して世界を広げにいくチャンス。今まで会ったことのない人に会う。今まで知らなかったことを知る。今まで知らなかった自分に出会う。

気持ちが落ち込んでいるときこそ、行動したほうが気も紛れます。「ああ、やっぱり無理かも…」と思っているときは、「まだまだやれることがある」と切り替えて、小さくて構わないので新たな1歩を踏み出してみてください。

 

※こちらの記事もどうぞ。

コミュニティが大切な時代に、自分の世界を広げるということ

 

-起業・フリーランス

執筆者:

関連記事

【ブランディングって?】個人事業主は自分自身がブランド。

  「ブランディング」という言葉、よく聞かれますね。個人事業主の方だと「セルフブランディング」っていう言い方もされてるかな。 言葉だけが先走って広がってしまっている感じもするのですが、結局「 …

好きなことで起業・独立するなら覚えておきたい、フリーランスの先輩の言葉

  私は約10年前に翻訳者としてフリーランスになったのですが、それから1、2年が経った頃、フリーランスの先輩から聞いた言葉を今でもすごく覚えていて。   「マックでバイトしてでも( …

雑食系フリーランスが雑食っぷりを図式化してみた結果

「雑食系フリーランス」という肩書きは、思いつきで付けたもので、特に愛着や思い入れはありません(爆)。なんとなく、今の自分を表す言葉はこれぐらいかな…と思っているだけです。   とはいえこの肩 …

フリーランスと起業家の違い。仕事の取り方や営業の方法は?

  独立したい、起業したい…という方からのご相談をたびたび受けます。   会社に属さず、自分で仕事をしていく「個人事業主」の中には、 大きく分けると「起業家」と「フリーランス」がい …

企業と仕事がしたい個人事業主が知っておくべきこと

  私はもともと翻訳者としてフリーランスになって、企業から仕事をもらって食べてきました。(個人向けのセッション等を始めたのは、翻訳者として食べられるようになってからの話です)   …