【新潟駅周辺】女子一人旅でも楽しめるグルメスポット3選。

ちょっくら星野源とあそんでくる! #待ってろよ新潟#待ってろよ星野#雨やまないとぶっ飛ばすぞ#ホームから見えるアルシェが懐かしい#Continues

及川 智恵さんの投稿 2017年6月29日木曜日

 

…というわけで、新潟に乗りこんでまいりました、女一人で。新潟市内、新潟駅周辺です。

メインイベントはライブなんですが、そちらの話は大騒ぎになるので割愛するとして(Facebookに少し書いたので、読みたい方はそちらをどうぞ)、「また見たいなぁ」「私も頑張ろう」と思ったことだけ書き残しておきます。

 

それで。

 

私、今回が新潟初上陸でした。せっかくなので観光もしたいし、おいしいものも食べたいわけです。

新潟駅の周辺は、観光スポットらしい場所ってそんなに多くない気がしたのですが(車があればけっこう回れるかもしれない)、おいしいものはけっこういろいろあって、とても1泊2日じゃ食べきれない!

 

ということで、新潟駅を中心としたエリアで、女子一人旅でも立ち寄りやすい飲食店を3軒紹介します。全部私が実際に入ったお店です。

 

 

1.へぎそば@須坂屋そば 新潟駅前店

新潟と聞いて最初に思いついたのが「へぎそば」でした。行きの新幹線の中で新潟駅近くのお店を検索して、複数軒出てきた中から須坂屋そばに行ってみることに。

 

ちなみに、へぎそばとは。

へぎそばとは、新潟県魚沼地方発祥の、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使った蕎麦をヘギといわれる器に盛り付けた切り蕎麦。(中略)「へぎ」に冷やしたそば3~4人前を一口程度に丸めて盛りつける。

Wikipediaより

…ということです。実は私も初めて知りましたw

 

12時前に1人でふらっとお店に入ると、既にけっこうな数のお客さん。団体の予約も受け付けているみたいで、全部で3フロアあるようです。

1人向けのカウンター席もあったみたいですが、それも満席だったようで、座敷の6人席に通されました。別の女子たちと相席で。1人だとこういうこともよくありますね。問題なし。

 

「へぎそば」というのはWikipediaにもあるように、大人数のおそばを1つの器に盛り付けるのが本来の形のようで、須坂屋そばのメニューでは、1人前だと「へぎそば」という表記はされていませんでした。

普通に「ざるそば」とか「もりそば」とか「天ざるそば」とか書かれてる。でも、そばはへぎそばと同じものだと書いてあったので、安心してざるそばをオーダー。

 

ざるそば1人前、600円。

ビジュアルも普通のざるそばですね。へぎそばって、一口ずつくるっと盛り付けてある写真をよく見かけるけど。味が同じなら問題ないです、個人的には。

 

食べてみると、おそばが普通よりもつるつるっとしてる感じ。するりと入ってのどごしが良くて、これは暑い季節は毎日でも食べたいなあ。そしてつるっとしてるのに、噛むとしっかりしこしこしているんですよね。

こういうあたりが、ふのりの成せるわざなのかしら。あっさり完食しちゃいました。おいしかった。

 

店員さんと気軽に話しているお客さんが多くて、常連さんの多いお店だなあと思いました。それってたぶん良いお店の証拠。

かといって入りにくさはないし、店員さんみんなとても親切なので、1人でも大丈夫です。

 

須坂屋そば 新潟駅前店

新潟県新潟市中央区弁天1-4-29 IMAビル 1F~3F
JR新潟駅万代口より徒歩5分
025-241-7705

 

三軒茶屋にも須坂屋そばっていうお店があるのですが、同じなのかな?ちょっと調べがつきませんでしたが。

 

 

2.イタリアン@みかづき 万代店

新潟にはイタリアンじゃないイタリアンがある」という謎の噂を耳にしましてね(っていうかTwitterかどこかで目にしましてね)。

ちょうどライブ会場行きのバスが出るターミナルの中に、「みかづき」という新潟的イタリアンを出しているお店があるということで、ライブ前の腹ごしらえとして食べてみることに。

 

Wikipediaに項目が存在するってことは、それだけ新潟に根付いているのだろうか。こちらがその「イタリアンじゃないイタリアン」です。

 

イタリアン、330円(安っ)。

新潟のイタリアンは、パスタとかピザとかではなくて、太麺の焼きそばの上にミートソースがかかったもの。いわゆるB級グルメ的なやつですね。

 

このソースの下にある麺ね、ほんとに普通に焼きそばです。ソース味でキャベツとか具が入ってるあの焼きそば。たぶんこのまま食べても普通においしい。

それに、写真右のほう(フォークの下あたり)に添えてあるのは生姜でした。紅生姜と同じ味。だからもう、完全に焼きそばなのです。

 

いやあ、なんでそこにミートソースかけようと思ったのかね。

 

なぜか普通においしいんだよこれが。どういうことなの。意味がよくわからないけど、B級グルメ的な意味でちゃんとおいしいのですよ。うーむ、不思議だ。

ちなみに、ミートソース以外にも、カレーイタリアンとかホワイトイタリアンとか、上にかけるものはいろいろバリエーションがあります。次回があったら、カレーイタリアン食べてみたい気がする。たぶんこれも普通においしい。

 

お店の雰囲気が、子どもの頃たまにソフトクリームを買ってもらった近所のフードコートに似ていて、ちょっと懐かしかったです。みかづきはソフトクリームもあるし、たこ焼き食べてる人もいたな。

 

みかづき万代店

新潟市中央区万代1丁目6-1バスセンタービル 2F
JR新潟駅万代口より徒歩約10分
025-241-5928

 

※なお、「なぜミートソースかけようと思ったのかね」の答えは、こちらにちゃんと書いてありました。

 

 

3.海鮮丼@新潟鮮魚問屋 港食堂

今回のライブ会場・朱鷺メッセの近くだったこともあり、ピア万代という市場があるのは早くから知っていました。飲食店が入っていることも。

どこかのタイミングで、そこで海鮮を頂けたらいいなあと思っていたのです。市場の中のお店なら、新鮮なの食べられそうだから。

 

結果的には新潟で最後の食事がこちらになりました。ふらふら観光した後にピア万代に入り、海鮮や野菜などが売られている市場を眺めた後、港食堂というお店でランチを

 

入口に貝がいっぱいの水槽がありましてね。貝を頼むつもりはなかったんだけど、なんとなく期待しちゃうよね、お店の中に生きたものがいるとさ。

 

海鮮丼、1200円。

今回の旅では最も豪華ですね(笑)。7種類の海鮮が乗った丼、あおさのお味噌汁、いかの入った煮物(小鉢)、する天(=するめの天ぷら)、お漬物。

魚介類の身がどれも分厚くてしっかりしていておいしかった。新潟のあたりで何が獲れているのか、私ぜんぜんわかってないんですけど(爆)、おいしかったので何でもいいです(こら)。

 

ちなみにこのお店、中落ち定食が人気らしく、12時過ぎに入った時点でもう売り切れていたようです。「紹介されちゃったので…」っていう店員さんの声が聞こえてきたので、テレビか雑誌か何かに出たのかもしれない。

 

若干観光客向けな香りもしましたが、土曜日だったせいもあってか、駐車場もいっぱいで、こちらのお店もずっと混んでました。地元の人も買い物に来たりするのかしら。

駅からはちょっと遠いんだけど(私は歩きましたがバスもあります)、近くのホテル日航新潟の31階に「ばかうけ展望室」っていうのがあるので、そちらとセットが良いかな。限定のばかうけとか、いろいろおみやげ買えるよ。

 

新潟鮮魚問屋 港食堂

新潟市中央区万代島2
JR新潟駅より約2km(※駅から20分ほどで歩けました)
025-248-8655

 

※実は、ピア万代で本当に狙っていたのは佐渡廻転寿司 弁慶という回転寿司屋さんだったのです。でも大混雑につき断念。次は行ってみたいけど、海鮮丼もおいしかったので満足してます^^

 

 

新潟女子1人旅、一番の心残りとは。

まだまだ他にもおいしいものがある新潟。今回は日程の都合もあって、わりと軽めの食事が多く、もう少しいろいろ食べたかったなあという気持ちもあります。

 

何よりの心残りは、米どころ新潟に行ったにもかかわらず、お米をしっかり味わえるようなものを食べていないってことなんですよねぇ。海鮮丼はたしかにお米だけど、どうしてもお魚が主役になるし。

おにぎり屋さんを街で何軒か見かけたんだけど、朝ごはん、ホテルで食べないでおにぎり屋さんで買えば良かったかも…。(実はホテルのお米、ちょうどなくなりかけに当たってしまったこともあってか、乾いててイマイチだったのだ)

 

次新潟に行く際は、徹底的にコシヒカリを堪能したいと思います。私は米が好きなのだよ、米が。待ってろよ米。

 

おまけ:帰りの新幹線で飲んだ雪色ソーダ。

新潟駅構内にある越後のお酒ミュージアムぽんしゅ館で、帰り際に購入。

原材料に甘酒が入っておりまして、独特の甘みのあるサイダーでした。よくわからないけど、りんごの香りを弱くしたような甘さに感じた。なぜだ。

ぽんしゅ館は、きき酒もできるし、日本酒いっぱい売ってるし、醤油や味噌も売ってるし、お菓子やソフトドリンクも売ってるし、新潟駅という便利な場所にあるし、帰りのおみやげ探しにおすすめです。

 

 

※国内旅行のお話、こちらもどうぞ。

京都・東山エリアの観光スポット一覧【個展のついでにぜひ!】