oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

ひとりごとコラム

みんなのお母さん&あしながおじさん【妄想族のたわごと】

投稿日:

妄想の中の自分って、いつも「みんなのお母さん」かつ「あしながおじさん」なんですよね。母性と父性が絶妙に混じりあったキャラで、もはやそんな人いたら私と結婚してくれよって感じなんだけど、どう考えても超人的だし、いろんな意味で豊かな人じゃないと成…

及川 智恵さんの投稿 2017年9月19日

 

いや、ほんと妄想の中の自分が立派すぎて困ってます。

 

みんなのお母さん部門:

  • 仲間が遊びに来てご飯をつくる私
  • 仲間の相談にいちいち乗る私
  • 若者を抱きしめられる器の大きな私

 

あしながおじさん部門:

  • これは、と思ったところにぽーんとお金を出せる私
  • 多くは語らなくて、背中で語るようなカッコよさと色気のある私
  • でも叱るべきときはしっかり叱れる私

 

現実部門:

  • そもそも料理苦手&あんまり好きじゃない
  • 仲間が多いほうじゃなくて1人が好きすぎる
  • ぽーんと出すほどのお金がそもそもない
  • 背中で語るよりも言葉で押してしまって色気のかけらもない
  • 叱るべきときっていうかイラッとする方が先
  • まあ一応、人の相談に乗りがちなところだけは比較的近め

 

…この落差よ。悲しいまでの落差よ。

 

これどう考えてもあれだ、自分が欲しいものを妄想として描いているだけだ。私自身、お母さんみたいな人が欲しいし、あしながおじさんみたいな人が欲しい。なんならマジで結婚したい、こんな人いてくれたら。

今も欲しいけど、昔から欲しかったんだよなあ。早いうちから頼られるのが当たり前だったし、「お金がない」っていう理由でできなかったこともたくさんあるし。

 

でもね、もう3回目の年女を迎えていて、「昔やってもらえなかったことを他人に求める」みたいなことはいい加減やめたいわけです。大人になりたい。

大人って、私の中では、他人に愛を与えられる人です。それだけのゆとりがある人。子供は人の愛を食って生きるでしょ?そうじゃなくて、自分で自分に栄養を与えられて、余った分を人にあげられるのが大人。

だから、自分が欲しかったものはできるだけ他人に与えたいんだよね。昔の私と同じこと思っている人が、今もしかしたらいるかもしれないし、愛とかお金って、たくさんもらえる分にはもらえたほうが有り難いものだから。

 

それに、今年は特に思っているのですけど、やっぱり「単なる妄想だから」ってあきらめたくない部分もちょっとあるんですよね。頻繁に妄想してるってことは、明らかに憧れていてそうなりたいってことだから。

 

妄想って理想。妄想って夢。

妄想って、もしかしたら手に届く現実。

 

現実にしようと思ったら、料理をちゃんとやらないといけないし、仲間を増やさないといけないし、お金も稼がないといけないし、器の大きな人にならないといけないし、まあ大変なハードルです。

日々の仕事や生活に追われている中で、それできるの?って思うことも多々あるんだけど、一応頭の中からは消さずにいたいなと思っています。しっかり握りしめていたい。消しちゃったらそこで終わり。

 

なんかもう、とにかく人のために何かをするっていう、その発想だけで生きていたいなと思います。もちろん自分のことは大事だし、自分のことは守るし、自分の好きなこともするんだけど、でも最後は誰かのためになったら嬉しい。

 

たとえエゴとか偽善とか言われてもね。たとえバカにされてもね。

 

 

-ひとりごとコラム

執筆者:

関連記事

妄想を現実にしてしまえプロジェクト。

  私が長らく展開している魅力カルテというサービスでは、お客様の過去・現在・未来についてインタビューさせていただくのですが、お客様から「子どもの頃、妄想大好きでした」っていう話をよく聞きます …

牛乳石鹸のWEBムービーを見て、人間ってこんなもんだよなあって思う

Twitterあたりで数日前からずいぶん騒がれていて、Yahoo!ニュースにも出たようなので、ご存知のもいらっしゃるでしょうか。牛乳石鹸の動画の件。     動画の流れや反応は、こ …

まだ見ぬあなたを、素直な気持ちで抱きしめたくて

師走。にぎやかな金曜の夜。   都心の駅の構内を歩いていたら、柱の陰で向かい合って話をしている若いカップルの姿が目に入った。 そして、私が彼らに目をやったのとほぼ同時に、女子が男子の腰に両腕 …

イルミネーションは1つ1つの電球をちゃんと配線してるから美しいのであって

ああ、良い記事を読んだなあ、と思った。   「語られて」しまうもの、あるいは編集された人生   紹介されている「断片的なものの社会学」という本は未読なので、ここに書かれている限りの …

【今日から京都で個展】「見守る」とは、「信頼」の最上級の形である

京都での個展、いよいよ今日スタートです。 6日間在廊しますが、気まぐれで観光に行ったりするかもしれないので、確実に私に会いたい方は、当日でも構わないのでメッセージくださいませ^^ 及川智恵 個展「レン …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *