oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

Photo Art お知らせ

京都写真美術館のサイトにWEBアーカイブしていただきました[個展@京都]

投稿日:

京都で個展をしたのは、たった3週間ほど前のことなのですが、なんだか遠い昔のような気がしています…。まだ3週間しか経ってないのか…。

 

 

このたび、↑のとおり、京都写真美術館さんのサイトに、京都での個展「レンズたちのむこう側」で展示していた作品の一部を、WEBアーカイブという形で掲載していただきました。

 

及川智恵 個展「レンズたちのむこう側」WEBアーカイブ

※一部作品が購入可能ですが、オリジナルプリントではなく、美術館のスタンプが入ります。展示していた額装とも異なりますので、ご確認のうえご購入いただければ幸いです。

 

 

京都写真美術館さんの話。

京都写真美術館さんは、私の個展会場だった「あーとぺーじ唯心」さんの斜め向かい側(徒歩1分)。

あの界隈のことをまったく知らなかった私は、写真美術館があることなどまったく知らず…「今見てきたよ」というアメリカ人のお客様が、たまたま私の個展にも立ち寄ってくださいまして、存在を知りました。

 

その後、すかさず唯心のマダムが私のDMを持ってご挨拶に行ってくださいまして。そうしたら、スタッフのみなさまがわざわざ私の個展を見にきてくださったのでした。

 

先ほど、ギャラリーの近所にある京都写真美術館の方々が来てくださいまして、DM頂いたのでご紹介など。 こちらの美術館、私はまだ見に行けてないんですが、昨日のお客様もすごく良かったとおっしゃってましたので、後でちらっと見に行こうかと…

及川 智恵さんの投稿 2017年11月7日(火)

 

私が京都にいたときにやっていたのはこちらですね。とても立派な美術館でした(以前は料理屋さんだったとか)。4月にオープンしたばかりということもあって、とてもキレイ。

自分の個展の合間に、斜め向かいの京都写真美術館へ。写真家の西田さんともお話させていただきました。 「木偶の面魂(でこのつらだましい) 写真展」。国指定重要無形民俗文化財「阿波人形浄瑠璃」で使用される頭の写真が並んでいます。公演中の…

及川 智恵さんの投稿 2017年11月8日(水)

 

こんな立派な写真展をやっている美術館なのですが、私の写真、スタッフのみなさまの間で評判が良かったそうで…(涙)。それ以降、「京都写真美術館で教えてもらいました」というお客様が続々と私の個展に来てくださいました。

京都写真美術館のみなさま、その節は本当にお世話になりました。

 

 

WEBアーカイブと購入の話。

京都写真美術館さんのサイトなんですが、さまざまな写真家さんの個展の記録が、WEBアーカイブとして掲載されています。検索すると、何やらすごく有名な方のお名前が見つかったりします(驚)。

今回、個展終了後に「掲載しませんか」とお話を頂きまして、WEBアーカイブに加えていただくことになりました。

 

このWEBアーカイブに掲載されている作品、一部購入が可能になっています。

 

私自身は、

★額装までトータルで1つの作品

★作品は基本的に1点もの

と自分の中で決めてやってきたので、額装が選べず(木製の簡易額装になります)、何点も販売可能になってしまうシステムで販売するかどうか、実は若干迷いました。

 

でも、決め手は京都写真美術館さんの行動指針

1. 誰もが手軽に写真を鑑賞・コレクションするよろこびを提案します

これに共感した、という1点に尽きます。

 

私は普段、写真に限らず「アート」全般というイメージで考えているのですが、「アートがもっと身近にあったら、人生はもっと豊かになるはず」と思っていまして。

「豊か」の中身はいろいろあると思うんですけど、花を飾るような感じで季節感を与えることもできるし、部屋に彩りを加えることもできる。インテリアとして素敵、というのが1つ。

心理的な効果も高いと思っています。癒しをくれたり、活力をくれたり…。あとは、いわゆる「アンカリング」的な、「あの写真を見ると、あのときの感情を思い出してやる気になる」みたいな効果もあるかもしれない。

 

なんとなく、正解を求めて絵や写真などを見てしまう人が多いように思います。理解できなければ購入してはいけない、みたいな。あと、「アートは高い」というイメージもあると思う。そりゃ、著名な人のものは高いよね。

でも、特に個人で求めて楽しむのであれば、単に自分が心地良いだけで十分ではないだろうか?「好きなものは好き」それで良くないか?授業じゃないし。

 

というわけで、「写真のある生活」への入口として、このようなサービスを提供していらっしゃるサイトに協力したいという気持ちで、一部ですが販売させていただくことにしました。

 

なお、個展会場で売れたものはもう販売しません。それは購入してくださったお客様だけの1点ものにしたいから。個展会場などでフレームごと一式ご購入いただいたものは、今後も1点ものにする予定です。

でも、「安く気軽に買いたい」という方(個展等での販売価格より安価です)、あと「木製のフレームのほうがお部屋に合うし好みだし」といった方は、ぜひ京都写真美術館さんのサイトでご購入いただければと思います

 

 

…追伸。

そして。

アーカイブの点数、すごく少ないですよねぇ。京都ではたしか40点以上展示したはずなのですが。

 

だって、全部アーカイブしちゃダメなんですよ、まだ。

 

実は、京都での個展が終わる前から、頭にあったのです。「京都で展示した作品をそのまま持ってきて、東京ですぐに個展をやろう」と。

私の知人はほとんど関東人なのに、関西のイベントであれだけ大騒ぎしたわけですから、火が消えきってしまう前に何かやりたいなと思っていました。

 

…というわけで、東京で個展、やります!

 

東京での個展は、

2018年1月12日(金)~14日()@デザインフェスタギャラリー(原宿)

の予定です。

 

詳細は追ってご案内いたします(またページ作りますね)。

※2015年の個展に来てくださった方、同じ会場内の別のお部屋になります。

 

会場が京都よりも小さいので、京都で展示したもの全部を展示することはできませんが(展示しないと現段階で決めたものをWEBアーカイブに回しました)、6~7割ぐらいは出せるかな。お楽しみに。(気が向いたら新作…うーん…w)

 

なお、既に個別に数名の方にお伝えしたのですが、長めの帰省等で「行かれません…」という声も返ってきております。

次の機会がいつになるかわからないので残念ですが(個展はいろいろエネルギーが要るからね)、来られない方はフォトブックをお楽しみいただけると嬉しいです!

 

 

「人間観察日記」もよろしくお願いします(Amazonのレビュー増えてて嬉しい…!買ったことを周囲にばらしたくないあなた(笑)、Amazonに感想書いていただけるとほんと有り難いです!)

↓↓↓

 

 

-Photo Art, お知らせ

執筆者:

関連記事

個展終了!やっと2018年が来ます(笑)!

3日間の個展、終了いたしました。お越しくださったみなさま、気にかけてくださったみなさま、ありがとうございました! 及川智恵 個展「レンズたちのむこう側 in 東京」2018.1.12-14 &nbsp …

【個展2日目】恥をしのんで見せなければ、何も始まらない。

京都での個展「レンズたちのむこう側」、昨日スタートしました。 及川智恵 個展「レンズたちのむこう側」2017.11.7-12@京都   平日にもかかわらず、10年来の友人からアメリカ人の観光 …

元カラーセラピストなので、久しぶりに色について語ってみました。

まずはお知らせ。 1週間限定で販売してきましたカレンダー、今日12/18(月)の23:59が締切です↓↓↓ 【12/18まで】2018年フォトカレンダー販売します 個展でも販売はしませんし、お申込いた …

【個展まであと1日】東山駅からあーとぺーじ唯心への道順

明日からいよいよ個展がスタートします。 及川智恵 個展「レンズたちのむこう側」2017.11.7-12@京都   昨日、搬入作業をほぼ終えまして、あとはスタートを待つばかり…という感じです( …

【今日から京都で個展】「見守る」とは、「信頼」の最上級の形である

京都での個展、いよいよ今日スタートです。 6日間在廊しますが、気まぐれで観光に行ったりするかもしれないので、確実に私に会いたい方は、当日でも構わないのでメッセージくださいませ^^ 及川智恵 個展「レン …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *