どうせなら、面白いほうへ。自分らしく生きるための「chieマガジン」

chiemag(ちえまぐ)

LIFE

【覚悟の決め方】覚悟を決めて1歩踏み出すための5つの心得

更新日:

覚悟の決め方 桜 ソメイヨシノ

 

起業したい。独立してフリーランスになりたい。

会社の看板に頼らず自分でやっていこうと思ったら、それなりの覚悟が要るものです。好きなことができる一方、責任を負うのはすべて自分。

 

起業や独立に限らず、何か新たなことに挑戦するときや、ちょっとハードルの高そうな物事に立ち向かわなければならないときの極意として、

「覚悟を決めれば物事が動き出す」

「まずは覚悟を決めよう」

みたいなことが、あちこちで言われているように思います。

 

でも、「覚悟」っていったい何なんだろうか?

「覚悟を決める」って重い言葉に聞こえるけど、何をすればいいのだろうか?

 

響きの重さのわりに、中身がよくわからないまま使われてがちな「覚悟」という言葉。そこで、私が考えている「覚悟の心得」を5つ書き出してみました。

 

1. 覚悟とは、自分で決めるもの。

 

フリーランスになりたい、転職したい…でも「覚悟が決まりません」、と相談されることがあります。

しかし、中には「決めたくない」「決める気がない」のかな…と感じるケースも多々あるのです。「覚悟が決まらない」ではなく、「覚悟を決めようとしていない」という感じ。

 

覚悟を決める人間は、自分しかいません。自分で決めるしかない。

 

とはいえ、覚悟を決められないことはやはりあるもので、それって不安や恐れがあるときだと思うのです。悪いことが起きたらどうしよう、失敗したらどうしよう…と。

そういうことであれば、その不安とか恐れを何とかすればいいわけですね。具体的には以下の2つが必要かなと思っています。

 

(a) 「うまくいくから大丈夫、うまくいかなくても大丈夫」

どう転んでも何とかなる!と信じこんでしまうことです。

 

不安を完全に消し去ろうとするのではなくて、不安があっても何とかしようとすること。不安だけどやろう、きっと何とかなるはず!と思い込んでしまうこと。

 

未来のことはわからないので、失敗するかもしれないしトラブルが起きるかもしれない。でもきっとうまくいく。仮にうまくいかなくても、自分なら対処できる。例えば「誰かに助けを求める」ことだって、立派な対処法です。

私は何かにつけて、呪文のように「うまくいくから大丈夫、うまくいかなくても大丈夫」と唱えています。

 

(b) 準備や対策をして、なくせる不安をなくす努力をする

たしかに未来のことはわからない。でも、経験や知識から予想できるトラブルもありますよね。

お金がなくなるのが心配なら、会社勤めやバイトなどをして貯金すればいい。ビジネスがうまくいくか不安なら、できる限りの勉強をしておくのも1つの方法です。

これって、「朝は電車がよく遅れるから30分早めに家を出よう」みたいな発想と同じです。万一のことを考えて、打てる手は全部打っておく。それだけでも、ずいぶん心配度が減るんじゃないでしょうか。

 

覚悟って、気合いと根性ではありません。冷静にやるべきことを考えて、淡々とやること。そして、「そうしよう!」と自分で決めることです。

 

2. 覚悟とは、行動を伴うもの。

「よし、うまくいってもいかなくても大丈夫!」って心の中で決意しただけでは、まだ本当に大丈夫とはいえません。心なんてすぐ移ろうもの。「やっぱりやめようかな…」とくじけて弱気になることだってあります。

 

だから、覚悟を決めた方向に行動を起こすところまで含めて、1セットです。

 

行動するとなると、心の中でつぶやく以上に怖いかもしれませんが、怖いまま動く感じです。不安とか恐怖なんて、全部消すのは無理ですから。可能な限りの準備をしたら、あとはやるしかないのです。

 

例えば、起業しよう!と決めたのなら、

  • 家族や知人に「こんなことをやります!」と宣言してもいいですし、
  • 実際に周りの人にサービスを提供したりしてみてもいいですし、
  • 何はともあれ経営の勉強を始めてみるのも第一歩かもしれません。

何でもいいんです。小さなことで構わないから、自分が今までしていなかったことを始めてみる。

1つ行動する=1つ階段を上るイメージです。1段上れば、次の1段が、頂点が、それだけ近づきますよね。

 

覚悟って「決めたら動く」ものなんです。2つの意味で。

  1. 心の中で決意したのなら行動しなさい、という意味で。
  2. (行動まで含めて)覚悟を決めたら、ちゃんと物事は動き出してくれますよ、という意味で

少しでも行動を起こせば、小さくとも何かは変わります。その積み重ねが成果なのだと思います。

 

3. 何があっても大丈夫なのは、自分だけではない、みんなのおかげ。

覚悟が決められない理由の1つに、「自信がない」というのがあると思います。自分にできるとは思えない、自分に乗り越えられるとは思えない…と。

それ、もしかしたらちょっと傲慢かもしれません。

 

 

自分を信じるのは、たしかに大事なことです。信じられたほうがいいです。でも、覚悟を決めるときって、信じるべきものは自分の力だけではないと思うのです。

誰だって、自分の力だけでやれることは限られているのですから、「自分に自信がなくて…」っていう理由で物事を諦めるのは、理由としてだいぶ物足りない気がします。

 

今まで自分がやってこられたのも、身近な人はもちろんのこと、知らない人も含めた「みんなのおかげ」だったりするわけです。そして、これからも間違いなくそうです。

例えば…特に都会で暮らしていると、自分ひとりではご飯も食べられないはずです。農家の人がいて、加工・流通してくれる人がいて、スーパーなどのお店があって、初めて食べ物にありつける。

日頃から私たちは、いろいろな人の力を借りて生きていて、むしろそれが当たり前なのですよね。そうでなければ生きられないのですから。

 

自分がどうであれ、世の中のいろいろな仕組みが、そこにかかわる人たちが、自分を助けてくれる。

そう考えると、もういっそのこと、世の中が自分をサポートしてくれるから大丈夫、って信じてしまうぐらいでちょうどいいのではないか?と思ったりするのです。

 

かなりふわふわした話に聞こえるかもしれませんが、そのぐらい大きく「みんなのおかげ」を信じられたほうが、一段と強い覚悟が決まるような気がしています。ここまで思えると、本当に「何が起きても何とかなる」と思えますから。

そもそも自分に自信がない人って、周りのことも疑ってかかりがち。でも、誰だって、それこそ神様だって、信じてくれる人のほうが好きだと思うんです。「信じる者は救われる」と言いますし。

 

4. 世の中は優しい。みんなどこまでもあなたに優しい。

1つ前の項目とも近いのですが、「世の中は優しくて、優しい人しかいない」と思い込めると、覚悟は決めやすいです。とにかく、この世のものはみんなあなたに優しい。みんな味方です。

 

これもだいぶおめでたい話に聞こえるかもしれませんが…早い話が、一見ネガティブなものをうまいこと捉え直せると、どんな経験も前向きに活かせるということ。

例えば私は、たとえ望まないことが起きたとしても、嫌なことをされたとしても、「私を成長させるための神様からの刺客だ」ぐらいにおめでたく解釈するようにしています(笑)。

神様ありがとう。私の成長のために力を使ってくれるなんて、本当にありがとう。世界は私のためにある。こう思ったほうが、「失敗した…」と思うよりも気が楽ですし、次につながります。

 

物事は捉え方次第でずいぶん意味合いが変わります。もちろん、嫌なことは起きないに越したことはないのですが、たとえ何か起きてしまっても、「どうしたらこれを未来につなげられるか」と発想を転換できるかどうか。

だいたい、本当にどうにもならないほど大変なことって、冷静に考えてみるとめったに起きないものです、本当に。

 

5. 覚悟を繰り返すと、覚悟が当たり前になっていく

覚悟を決めて前進することが当たり前になっている人は、「覚悟なんて要らないよ、やりたいことをやるだけだ」とよく言います。

私は怖がりなので、気持ちに踏ん切りをつけないと動けないことが多いんですが、動き慣れている人、挑戦し慣れている人ほど、「覚悟を決めた」なんて思っていなくて、たださらりと、やりたいことをやってるだけのような気がします。

 

動き続けることって大事です。ぬるま湯につからないで、挑戦し続けることも。

 

行動力も筋肉と同じようなものなのだな、と思います。使わないと衰えるし、使えば使うほど鍛えられていくわけですね。

 

自分で不安を断って前進するのみ

以前、私自身が悩んでいたときに「覚悟力」という本に出会い、何度も何度も繰り返し読んでいました。

 

この本によると、

覚悟とは『「結果を心配する心」を離れて、「自分の信念に基づいて行動する力」』

だそうです。

 

自分で決めて、自分で動いていくっていう、本当にシンプルな話なんですね。

不安や恐れがわいてきても、「それでもやろう」「何とかしよう」と1歩を踏み出し続ける。そうすれば何かしら道がひらけてくるものではないかな、と個人的には思っています。

 

 

※不安なときや自信が持てないときはこちらの記事もどうぞ。

「自分には何もない…」と思ってしまったときの3つの処方箋

 

※独立・起業したい方へ。覚悟が決まったかどうか、この言葉で確かめてみて。

好きなことで起業・独立するなら覚えておきたい、フリーランスの先輩の言葉

 

 

 

-LIFE

Copyright© chiemag(ちえまぐ) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.