oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

Photo Art

幻想的な世界に憧れていたら、いつの間にかそんな世界を創っていた

投稿日:2017年4月21日 更新日:

ドビュッシーのアラベスク第1番が大好きで、中学3年のときにピアノの発表会で弾いた。

 

 

その頃、学校の絵の課題で、この曲のイメージを描いた記憶がある。自由課題で何を描いたら良いのかわからなくて、音から浮かんでくるものを空想で。

絵は苦手だったので、作品はイメージにまったく追いつかなかったのだけど、私の頭の中では、現実離れしていてちょっと抽象的なきらきらした映像が見えていた。

 

私の中でアラベスクという曲は、何て言えばいいのかな、1枚膜に覆われているというか、鮮明な映像ではなくてベールに包まれているような、光に包まれているような、なんとなく幻想的なイメージのある曲だ。

現実的で地に足のついた感じではなく、少し宙に浮いているような。はっきり見えない何か。ふんわりした何か。現実の向こう側にある何か。あ、これはあくまで音の響きの話なので、実際に曲の背景はわかりません。

 

写真を始めて、なぜか多重露光というものにハマったときに、アラベスクとその絵のことをふと思い出した。

 

 

幻想的なものや抽象的なものに、何だかよくわからないけど惹かれる。

絵は今でも苦手だと思っているし、あまり描きたいとも思っていない。でも、写真はシャッターを押せば撮れる。デジタルカメラの時代になって、フィルムを気にせず撮り放題になった。

真っ白いキャンバスに自分で0から筆を置いていくよりも、世の中の景色の中から好きなところを切り取れるカメラのほうが、何となく私の性に合っているというか、素直に楽しい。

 

でも、ただ景色を切り取るだけではなく、現実と現実を重ねたら非現実の幻想が出来上がる、というのはさらに楽しい。

 

この世にあるものを切り取って、新しい世界を自分で創り出していく。なんて夢のある話だろう、と思う。全然違う写真を重ねあわせることで生まれる、別の美しさ。しかも、可能性はいくらでも無限にある。

私たちの住む世界は、たぶん1つのようでいて1つではない。

 

 

※2017年11月、京都で個展を開催予定です。

及川智恵 個展「レンズたちのむこう側」2017.11.7-12@京都

 

-Photo Art

執筆者:

関連記事

【マジメなアソビ】遊びほど、真剣にやらないとつまらない。

  急展開で開催することになったGW1日限定イベント「マジメなアソビ」。     スマホ写真のワークショップ、既に半数のお席が埋まっています。ご希望の方はお早目に。 &n …

京都写真美術館のサイトにWEBアーカイブしていただきました[個展@京都]

京都で個展をしたのは、たった3週間ほど前のことなのですが、なんだか遠い昔のような気がしています…。まだ3週間しか経ってないのか…。     このたび、↑のとおり、京都写真美術館さん …

台湾旅行には「写ルンです」を持っていくべし!

※2017年5月、台湾(台北)に行ってきました。 【はじめての台湾女子旅①】総統府→四四南村→象山→鼎泰豊→饒河街夜市 【はじめての台湾女子旅②】タクシーを貸し切って十分&九份へ   今日は …

多重露光, 写真

写真作品に珍しく想いを込めたときの話

  写真作品に想いを込めることは、めったにしない。   私の作品は、撮った写真をiPhoneアプリで加工して「多重露光」にしたもの。複数枚の写真を重ね合わせたものだ。 「Photo …

【今日から京都で個展】「見守る」とは、「信頼」の最上級の形である

京都での個展、いよいよ今日スタートです。 6日間在廊しますが、気まぐれで観光に行ったりするかもしれないので、確実に私に会いたい方は、当日でも構わないのでメッセージくださいませ^^ 及川智恵 個展「レン …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *