oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

Photo Art

【アート入門】アートはお部屋の洋服。作品を買って飾ってみよう

投稿日:2017年11月4日 更新日:

  • アート=とっつきにくい
  • アート=高い
  • アート=わからない

…多くの人にとって、「自分とは関係ないもの」と思われがちなアートの世界。

 

でも、私だってつい数年前までは、まったく縁のない世界にいました。

  • 「アートの才能がない」と英才教育並みに言われて育ち(笑)、
  • 図工やら美術やらは実技がへっぽこだったのでペーパーテストで点数稼ぎ、
  • 美術館などにも特に興味を持ったことがなく…。

それが、なぜか自ら個展を開催するようになるのだから、不思議なものです。

 

今、我が家には、自分の作品に加えて、他のアーティストさんから購入した絵や写真、立体作品などが、家に飾られています。

 

とんでもなく高額なものは買えませんが、アートが部屋にあると、ふとしたときに美しい色や景色が目に入ってきて、癒されたりリフレッシュできたりするんですよね。

とはいえ、「アート作品を買う」という経験自体、したことのない方もたくさんいらっしゃるだろうと思います。アート超初心者だった私がどうしてアートを買うのか、どうやって選んでいるのか…今日はそのあたりのことを書いてみます。

 

 

アートを買う、ということ

「アートを買う」って、日本ではあまりポピュラーではないですよね。絵にしろ写真にしろ何にしろ、広い意味での作品。

アートに価格ほどの価値を感じないのかもしれないし、そもそもアートは高級品というイメージもあるかもしれない。そもそも飾る壁とか場所が確保できないのかも。日本のおうちは海外より狭かったりするもんね。

 

高額なアートは「投資」という意味合いも強くて、将来的に価値が上がっていくことを見越して買う人も多いんだろうと思います。そういう買い方されるようになったらカッコいいよねぇ(笑)。

でも、そうじゃなくて純粋に「自分が楽しむ」ために買ったっていいと思うのですよ。そうであれば、必ずしも高級なものである必要はなくて、素直に自分が気に入ったもので、手が届くものを手に入れればいい。

好きなものがお部屋の中にあるって嬉しいものです。絵や写真を飾って色味が部屋の中に入るだけでも、暮らしがパッと明るくなります。毎日暮らすお部屋、少しでも好きなものでいっぱいにしておきたい。

 

洋服買うのと一緒だと思うんです。アートはお部屋の洋服。

 

気に入った洋服を着てるときって、ものすごく気分が上がりますよね。誇らしい気持ちというか、ちょっとだけ照れくさい気持ちというか、嬉しいなあっていう気持ちでいっぱいになると思うんです(私はそう)。

そんな感じで、ファッションを楽しむ感覚でアート作品を買ってみたらよいのではないでしょうか。いろいろな洋服を着る楽しみと、お部屋をさまざまなアートで彩る楽しみ、とても近いものがあるように思います。

 

 

我が家に飾っているアートコレクション。

我が家はかなり狭いですし、もちろん私は資産家でも何でもありませんけど、いつの間にか、ちまちまとコレクションが増えております。さすがに毎回ではないけど、見にいくたびに何かが増えがち。

 

この2点、最近少ししまっていたのですが、クリスマスに向けてまた壁にかけたい(これたぶん30センチ四方ぐらいかな?)。

 

壁には、今はこのモノクロの写真がどーんと。思った以上に迫力があったので、今壁に飾ってるのはこれ1枚だけです(季節的に上の2点と入れ替えようか考え中)。

 

で、小さいものなら壁に飾る場所がなくても大丈夫で、私は本棚に1コーナー作っております。文庫本が入るぐらいの高さです。(自分の作品が1つだけ混じってるw一目瞭然ですよねw)

 

 

超初心者向け・アート作品の選び方。

私自身も、人の作品を買うようになったのはここ数年の話ですし、いわゆる目利きとかでは全然ないので、「超初心者」という感覚で、「こんな感じで作品をお持ち帰りすると幸せな暮らしが待ってるよ!」という話をしたいと思います。

 

①「わああ、すき♡」って思ったら運命

一目惚れは見逃してはならぬよね。説明不要だと思います。もちろん、お財布の中身と相談してからで大丈夫ですけど、毎日その「すき♡」を思い出せるのは、毎日幸せな気持ちになれるわけなので、けっこうプライスレスです

これもほんと洋服と似てるよね。私、あまり洋服にお金をかけるほうじゃないんですが、一目惚れでサイズもぴったり!みたいな運命の出会いがたまにあって、そういうときは少々高いと思っても買います。結局使い倒せてオトクだし。

 

②壁に飾りたいなら、色数の少ないものが簡単

大きめの作品を壁にどんっと飾りたい場合は、使われている色の数が少ないほうが、うるさくなりにくくて、初心者さんにはオススメかも。色数が多い場合は、淡い色のほうが飾りやすいですね。

最初の写真にある青い絵なんかは、ほぼ1色なので飾りやすい気がします。青は穏やかな気持ちにしてくれる色なので、寝室にも良さそう(※私、色彩心理わかるんだったよ、カラーセラピストだったから!)。

モノクロの写真も色数は少ないですよね。壁の色が白だったり、黒い家具がお部屋に置いてあったりすると、なおさらすんなりなじむと思います。うちの壁も白なのでちょうどいい感じ。

 

③小さめの作品なら、思い切ってカラフルなものを

壁に飾りやすいのは色数の少ない作品なんですが、なんだかんだでカラフルな作品ってかわいいしきれいなのです。

小さめサイズの作品なら、カラフルでもうるさくなりませんし、逆にお部屋の差し色みたいな感じになって華やぐんじゃないかと。

お花を飾る感覚かな。お花があるだけで、お部屋に彩りが加わって明るくなりますよね。あれです。花と違って枯れないので、小さめの作品は何種類か持っておいて、気分でレイアウト変更するのも良いかもしれません。

 

以下の写真は、2015年の個展で展示した万華鏡アートなんですが(今回も少しだけあります)、まとめ買いしていく方が多かったやつです。小さいのは手軽だもんね(これは10センチちょっとだったはず)。

 

④応援したい人の作品を買う

あと、「また見たいな」って思う人の作品は買っておきたいところです。

 

私自身の感覚の話になっちゃうんだけど、創作ってやっぱり、「いいな」って思ってくれる人が1人でもいると、すごく嬉しくて励みになるのです。いくら好きでやっているとはいえ、評価してくれる人は欲しいもんです。にんげんだもの。

あと、現実問題、創作ってお金がかかるわけで、お金がなくなったら二度と見れなくなる。絵を描いてる人とか、絵の具代とか紙・キャンバス代とか、どのぐらいかかってるんだろうか…。練習もしてるわけでしょ、作品以外に。

 

もちろん、作品が気に入るのは大前提なんですけど(要らないものは要らないよね、やっぱり)、「この人には頑張ってほしい」「また個展やってほしい」みたいな人がいたら、応援のつもりでお買い上げというのも良いかもしれません。

 

 

「むふふ…」な毎日が過ごしたいからアートを買う

気に入って買った洋服って、家に帰ってすぐ着て、一人でファッションショーして「むふふ…」ってなりますよね。なりません?私だけ?

お部屋に飾るアートも同じで、「わああ!」って思ってお持ち帰りして、箱から出して、「わああ!」ってもう1回なって、どこに飾ろうかな~ってうきうきして、実際に飾って「むふふ…」ってなるわけです。

で、そこから先は毎日「むふふ…」となります(笑)。

 

絵にしろ写真にしろ、好みもあるし、興味のない人もたくさんいると思うのですが、今はいろんな人がいろんなものを創作しているので、ちょっとアンテナを立ててみるだけで、好きなモノに出会えるかもしれません^^

 

私の作品を気に入ってもらえたらもちろん嬉しいけど、世の中、他にも面白いものいっぱいあるからね!

ぜひこちらのイベントで、目を楽しませていただけたら嬉しいです!(お茶を飲みにくるだけでもOK、入場無料です)

5/5(土・祝)今年も「マジメなアソビ」開催します!

 

-Photo Art

執筆者:

関連記事

「素人革命」は既に起きている。プロより高く売れる素人の写真の秘密

今日はこの記事の話がしたいです。 ↓↓↓ 一昨日ぐらいからこの手のことをすごく考えてる。素人の写真がプロの20倍以上の値段で売れる理由|えとみほ|note(ノート) https://t.co/2gyK …

【5/5マジメなアソビ出展者紹介①】写真&企画:及川智恵

「1日限定の個展のようなワークショップのようなお茶会のようなイベント」という発想で始まり、今年も開催することになった「マジメなアソビ」。 5/5(土・祝)今年も「マジメなアソビ」開催します! &nbs …

子どもよりも大人のほうが、きっと無邪気になれるから

「大人が無邪気になる」ということについて、ちょっと考えていたのですね。   一般的に、無邪気さって子どもとか若いうちのものだと思われがちです。「大人になる=汚れていく」みたいな言い方、けっこ …

【個展まであと2日】WAG展とアート×アートコラボ(プレゼントあり)!

大きな荷物を今日発送して、いよいよ…って感じになってきました。 及川智恵 個展「レンズたちのむこう側 in 東京」2018.1.12-14   今日は2つ目のコラボ企画のご紹介。1つ目はこち …

カメラという決意表明

新しいカメラを買いました。   左が新しいほう。右が2009年からずっと使ってきた古いほう。   9年近く前に買ったカメラは、一眼レフとはいえ、約5万円のいわゆる初心者モデルでした …