oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

文章の書き方 ひとりごとコラム

チョコミントには抵抗勢力がいると聞いて

投稿日:

※こちら、「みんなでブログを書く会」の時間内に書き上げた記事です!

 

 

「写真撮ってもいいですか?」

 

日が沈んで真っ暗になった18時過ぎ。カフェでメルマガの原稿をまとめていたら、後ろから男性の声がした。

「え、私を撮るの…?」と一瞬思ったが、声の先を見ると、どうやら私ではなくて、向かい側に座っている連れの男性に話しかけているようだった。

2人とも30~40代だろうか。カジュアルな服装だが、時間的には会社帰りだろう。趣味の打ち合わせか何かだろうか。

 

「僕、チョコミントをひたすら撮っているんですよ」

 

コンパクトデジカメを取り出しながら、さっきの彼はそう言った。なるほど、彼の目の前にはチョコミントのドリンクが置かれている。

ホットチョコレート、いわゆるココアにミントが入った感じの飲み物だろうか。チョコレートがあまり得意ではない私は、チョコミントの飲み物をオーダーすることもないので、いまひとつ味の予想がつかない。

しかし、わざわざコンパクトデジカメを出してくるなんて、よほどチョコミントをきちんと記録したいのだろう。「チョコミント好きのブログ」やってるとか。

 

そして、彼は続けてこう言った。

「チョコミントって、珍しく抵抗勢力のいる食べ物でして…」

 

…抵抗勢力!?

 

「だから、いかにチョコミント商品が世の中にたくさんあるかを写真に撮ってるんです」

 

…いやはや、食べ物に抵抗勢力っていう響きは新鮮すぎる。思わずがばっと振り返ってしまった。

 

抵抗勢力、か。

「チョコにミントを足すべきか否か」っていう議論があるってことかな。まあ、たしかに勃発してもおかしくなさそうだけど。「大好き」と「ありえない」が真っ二つに分かれそう。

でも、チョコミント好きなら食べればいいし、嫌いなら食べなければいいだけで、別に抵抗しなくてもいいはずなのに。もちろん、別に実際に喧嘩するわけじゃないだろうし、ネタ的要素というか、友達同士のじゃれ合いみたいな部分も大いにあるのだろうけどさ。

 

とはいえ、ちょっと想像はつく。抵抗されればされるほど、自分の「好き」をことさら強調したくなるのだ。それがたとえ、お菓子1つや飲み物1つであっても。

「好き」って確実にその人の一部だ。身体の1つ1つの細胞みたいな感じでしみついているもの。場合によってはアイデンティティと言っても過言ではないぐらいの強力な「好き」もある。

 

自分の一部として外せない「好き」であればあるほど、誰かに否定されると、身を切られたように傷つく。

「え、それのどこがいいの?」「そんなのださくない?」「そんなものが好きなの?」などなど、相手は何も思わずに言っているのだろうけど、言われる側としては、程度の差こそあれ、それなりにキツイ。

そうなると行動は2通りになることが多い気がする。好きであることを隠し通すか、相手にものすごい情熱的なプレゼンをするか。

 

本当はもう1つ、「へえ、あなたは違うものが好きなんですねぇ」という受容の道もあるのだけど、いきなり「好き」を否定された後には、なかなか冷静な行動は難しかったりするもんだ。

「好き」が自分の細胞の一部だとしたら、それを否定されるってことは、自分を否定されることにかなり近づいてしまうから。

まあ、チョコミントぐらいならまだ良いのかもしれないけど、お金も時間も注ぎ込んでいる趣味だったら、それはそれは傷が深いだろうなあ。

 

…いやいや、「チョコミントぐらいなら」なんて言ったら、きっと写真を撮っている彼に怒られてしまうな。チョコミントだって、彼にとっては、心と身体を作ってくれている細胞。大事な大事な「好き」のはずなのだから。どんなに小さな「好き」だって、自分の一部には違いないのだから。

 

チョコミントの彼はたぶん、チョコミントの写真をたくさん集めることで、「チョコミントってこんなにおいしいんだ!世間でこんなに認められて売られているんだ!」と主張したいのだろう。

自分の「好き」を他の人に好きになってもらえるのって、なんだか自分の一部を好きになってもらえたような気がして嬉しいものだし。

 

みんなたぶん、頭ではわかっている。好き嫌いは人それぞれ違うことを。チョコミントであろうと、洋服であろうと、音楽であろうと、みんな好きなものが違うということを。

でもやっぱり私たちは、自分の細胞を好きになってもらいたい。というか、結局私たちは誰かに好きになってもらいたくて、認めてもらいたいのだよね。

 

あなたの「好き」って何ですか?あなたの細胞がどんなものでできているのか、私はもっと知りたいです。

 

 

※「みんなでブログを書く会」来週12日(火)にも開催します!私もゲーム感覚でみなさんと一緒に書いています^^

12/6&12/12「みんなでブログを書く会」開催します!

-文章の書き方, ひとりごとコラム

執筆者:

関連記事

個性とは、他人にやさしくあるための言葉だと思う

こ‐せい【個性】 個人に具わり、他の人とはちがう、その個人にしかない性格・性質。 (出典:広辞苑第6版)   「自分の個性とか、わりとどうでもいいな」と、最近すごく思うようになりました。 そ …

テレビを持たずに10年間暮らしてきた理由がわかったかもしれない

ラジオの魅力の一つに見えないからこそ、【自由に想像できる】ということがあると思っています。聴いた方それぞれが、藤井隆さんと友近さんのオリジナルのダンスや、森脇健児さんかキックベースでアウトになった表情 …

臆病者よ、筆を取れ【天狼院書店ライティング・ゼミを受講しました】

【書きました&狙いました&#x3 …

夢がない自分を、あなたは自分で許せるか?(というか、許せ)

「好きなことも夢もない自分を、自分自身が許せるか?」この話、今度ブログに書きたい。動き続けてないと死んじゃうマグロみたいな人には関係ないでしょうけど。 及川 智恵さんの投稿 2017年11月 …

太陽になれるはずのない月が、それでも太陽に憧れ続ける不毛な話

  「私は嫌われている」 子供の頃から、何かと嫌われた思い出ばかりがいっぱい残っている。   幼稚園に行くバスの中で、親しいと思っていた子に「いつもいつも隣に座らないでよ」と睨まれ …