Web発信術 文章の書き方 読書の記録

【文章力の基本】印象に残る文章を書く方法とは?

投稿日:

コンサルでよく相談される内容の1つが「文章の書き方」です。今はブログやSNSなどを使ったWeb集客、当たり前になっていますからねー。ブログが書けません…とか言っている場合ではないです。

 

コンサルでもセミナーや企業研修などでも、真っ先におすすめする本というのがありまして。

もう新刊ではないのに書店で平積み率が高く、ロングセラーだと思われる「文章力の基本」(阿部紘久著、日本実業出版社)です。

 

 

『あなたの文章は、きちんと伝わっていますか?』という質問に「はいっ!」と堂々と答えられる人は何人ぐらいいるかしら。

 

 

「文章力の基本」に学ぶ『文章力の7つの要素』

この「文章力の基本」では、「文章力の7つの要素」として、以下のものが挙げられています。

つまり、「文章力」という言葉には、以下の7つの力が含まれているわけです。

 

  1. 着想力
  2. 連想力
  3. 優先順位の判断力
  4. 構造的に把握する力
  5. 創造性・独自性
  6. 人間理解力
  7. 言語表現力

 

「文章力」って簡単に言うけれど、実はそんな一言でまとめられるようなものじゃないってことです。

だってこれってつまり、文章を書くとき、私たちは7つものスキルを同時に発動させているってことだから。

 

文章を書くときに、「考えながら書こうとしないで、まず考えてから書いてください」というアドバイスをすることが多いんですが、そう指導する理由は簡単で、そうしないと同時にやることが多すぎるんです。

同時に7つのことを考えるなんて無謀すぎるでしょ?でも、1つ1つ順番に考えて、最後に言葉にまとめようとするならば何とかなる。

 

とはいえ、文章力にこれだけの要素が含まれているとなると。

本気で文章がうまくなりたかったら、7つもの要素を鍛えないといけない…と言い換えることもできます。それ、ちょっと大変そうですよね。

 

 

印象に残る文章を書くために必要なこと

でも、大変だあ…と諦めてしまうのはまだ早い。

ちょっと見方を変えてみたらいいと思うのです。

 

文章力にはこれだけたくさんの要素があるのだから、苦手なものが少しぐらいあったとしても、どれか1つでも得意なものがあれば多少はカバーできてしまうのではないでしょうか?

 

例えば、「文章が苦手」とおっしゃる方のお悩み第1位とも言えるのが、「ボキャブラリーが少なくて、言いたいことを的確に言葉にできない」というもの。

これは、上の「文章力の7つの要素」では、7番の「言語表現力」にあたります。

 

でも例えば、面白いネタを探し出すのが得意な(=1番目の「着想力」に優れている)人なら、「ネタがとても面白いから語彙不足なんて誰も気づかない」ということだって十分考えられます。

変にできないことを気にするよりも、自分にできることを活かして書ける限りの文章を世に出してしまったほうが、かえって突き抜けた個性的な文章として受けるかもしれない。

 

これ、人間本体と同じですよね。欠点ばかりに目をやるのではなく、強みや魅力に目を向けて活かせば、欠点は気にならなかったりしますし、むしろチャーミングに見えたりするものです。

 

いろいろな力を総動員して書くのが文章です。でも、だからといって反射的に「苦手…」と思わずに、「そんなにいろんなスキル持ってない…」と諦めずに、自分が得意なスキルを盛大に活かして書けばいいだけの話。

個人事業主さんや起業家さんの間では、「自分の強みや魅力を活かしましょう」という言葉が本当によく聞かれます。それと同じこと。

自分の文章の強みや魅力を知っておいて、それを活かせるような書き方をすれば、個性の際立った印象に残る文章が書けてしまうはずなんです。

 

そのためにも、「自分を知る」「自分を見つめ直す」のと同じように、「自分の文章を知る」「自分の文章を見つめ直す」べきじゃないかなと私は考えています。

自分の文章のどこが良くて、どこが足りないのか。どこを活かしたらいいのか。

特にWebの世界では、教科書のように上手な文章が必ずしも評価されるとは限りません。注目を集めるような印象に残る文章って、「その人が伝わる」ことであって、必ずしも完璧にうまい文章を書くことじゃない。

 

尻込みするぐらいなら、何か書いたらいい。書いて発すれば、誰かに伝わる可能性ができるのだから。頭の中にしまっておいても、誰にも届くことはないけど。

 

 

「文章力の基本」、持っていて損はないと思う。ぜひお手元に1冊。

 

とはいえ、文章の本って読んだだけでは定着しません。文章をたくさん書くのが一番なんだけど、こういう練習問題もうまく活用するといいですね。

 

 

ブログが書けない、文章をもっと上手に書きたい、読者に伝わっている実感がない、プロフィールやサービス紹介文が書けない…。

そんなお悩みをお持ちなら、ぜひ日本刀コンサルでご相談を。次回は今週25日(木)です。月1回限定、人数限定なのでお早目に!

 

※サービス案内は旧サイトに飛びます。現在サイト移行作業中です。

 

-Web発信術, 文章の書き方, 読書の記録

執筆者:

関連記事

いのちの車窓から 星野源

【いのちの車窓から】私が星野源の文章に嫉妬してしまう理由。

「なんて面白い人なの!」と思ってしまってから数ヵ月、現在も星野源さんに絶賛注目中でございます。   星野さんのことが気になりだした昨年末って、個人的に「先が見えない」「何をしたらいいのかわか …

星野源『蘇える変態』に学ぶ、垣根をつくらないモノの見方

テレビを持っていなくて、ドラマを見ることのない私でも、 さすがに、「逃げるは恥だが役に立つ」の大人気ぶりはもちろんのこと、 それに伴う(ってことでいいのよね)星野源さんのブレイクぶりも知っておりました …

【持続可能な資本主義】『誰かの犠牲で成り立つ経済を、終わらせよう』

  この本は、紹介しないわけにはいかないやつです。   持続可能な資本主義   いやあもう、帯に書いてあるこの言葉だけでぐっと胸が熱くなります。   &nbsp …

わかりやすいセミナー・講演の作り方。内容構成の3つのポイント

これまで私は、自主開催のセミナーや、ご依頼・招致いただいた講演・研修など、さまざまな形でさまざまなことを話し、教えてきました。     そもそも私、人前で話す機会は小学校1年生のと …

21年前の大恥は、埃みたいなもんだった。

実家の母は、私が子どもの頃のいろいろなものをいまだに取っていて、 教科書もノートも通知表も賞状も、だいたいきれいに残っている。   先日実家に帰ったとき、中学2年のときに書いた作文が発掘され …