oikawachie official website

及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

起業・フリーランス

企業と仕事がしたい個人事業主が知っておくべきこと

投稿日:2017年2月28日 更新日:

 

私はもともと翻訳者としてフリーランスになって、企業から仕事をもらって食べてきました。(個人向けのセッション等を始めたのは、翻訳者として食べられるようになってからの話です)

 

コンサルにお越しくださる個人事業主の方で、主に個人向けのサービスを提供している方から、「企業とも仕事がしたい」という相談を受けることがあります。

 

研修講師がしたいとか、企業に対する提案がしたいとか。

企業との仕事は、5,000円とかで個人向けセミナーするよりレートがずっと良かったりもするし、信頼関係が作れて継続的に仕事がもらえるようになれば、それだけ収入も安定しやすい。

だから、それを魅力的に感じる人がいるのも、まあよくわかります。ちゃんと収入があるのって大事だしね。

 

仕事内容にもよると思うし、正しく的確な答えが書けるかどうかわからないのですが、「企業と仕事をする」ということについて、私が考えていることをちょっとまとめておきます。

 

 

1.「個人向けと企業向けでは、仕事の取り方が全然違うよ」

これは以前、個人向けにも企業向けにも仕事をしている人にアドバイスされたことなのですが、自分の経験とか、いろんな人を見てきた中でも、たしかにそうかもなあと思うやつです。

 

まず、個人向けの仕事の延長上に企業の仕事があるわけじゃない、と思ったほうがいいです。

 

個人向けの仕事を頑張ったからといって、企業に認めてもらえるかというと、ちょっと疑問符が付く。

もちろん、個人のお客様からのご縁でその人の会社に呼んでもらえるとか、そういう道もあるでしょうが、その経路は期待するほど多くないのでは?というのがいろんな人を見てきた中での実感です。

 

つまり、本当に企業と仕事がしたいのなら、別途営業しないといけない可能性が高いし、個人向けをまず頑張ろう…というよりは、企業での実績をどうやって作るか考えたほうがいい気がします。

 

私自身は、個人向けの仕事は主にWeb経由で取っていますが、企業からもらう翻訳の仕事は、いわゆるエージェントを使っています。

エージェントにお金が落ちてしまうことに不満を感じる人も多いようなのですが、「私の代わりに営業とかいろいろしてもらっている」と捉えると、本当にありがたいなあと思うのですよね。

 

また、エージェントを介さずに直接、企業の翻訳や研修の仕事を頂いたこともありますが、これどうやって頂いたのかというと、実はすべて知人の紹介です。

 

そんなわけで、個人的な意見としては、企業と仕事がしたいなら、

・エージェント経由でもいいから、「企業と仕事をしたことがある」という実績を作ること

・企業と仕事をしている人たちとつながりを持つこと(フリーランス、個人事業主、会社の決裁権ある人とか)

ということになります。まあ、Webもサイト1ページでもいいからあったほうがいいんだろうけど。

 

あとは、「ほんとに企業とやりたいなら、自らどんどん営業をかけるしかないよね」という意見もよく聞きます。

最近どうも、Web集客とかに頼りきりになっている人が多い感じがするのですが(自戒も込めるけど)、やっぱり直接人に会って伝えるという行為をなめてはいけないし、怖がってはいけないですよね。

 

 

2.そもそも企業のニーズに応えるだけの仕事ができますか?

これ、あんまり言いたくないし、ブーメランになってないことを祈るけど(笑)、個人向けのセッションやセミナーとかって、品質基準が崩壊してきてるように感じるのですよね。

もうなんか、誰も彼もがセミナーを開いてるもの(笑)。個人的にちょっと危機感があるんです、これ。(たぶんコンサルタントがセミナーを入口にする集客の仕方を画一的に教えてるんだろうけど)

 

※ついでに言ってしまうと、私、セミナー開催するの完全に飽きてしまってます(爆)。招致以外はもう全部やめようかな…w



で、その状態で「企業とも仕事がしたい」って言われてしまうとね。

 

そのクオリティで企業で通用するのか?企業で求められるのか?金額に見合ったことができるのか?

それ以前の問題として、一般常識的な部分が緩んでしまっている人もたびたび見かけますし。

 

参考までに、私、これまでいろんな方にコンサルしてきましたけど、「企業向けの仕事もできると思うよ」って私が自主的にアドバイスした人、いまだにお一人だけなんですよ。

 

お客様から「やりたい」って言われて手段を一緒に考えたことはありますけど、こちらから積極的に提案したのはお一人だけ。

そのぐらい、企業向けの仕事に向いていて、かつ堂々と自信を持ってすすめられる人って、実は少ないです。

 

私は企業に勤務した経験ってすごく少ないし、企業とのお仕事はほんと緊張するんですけど、やはりそれなりの金額を出していただいて、信頼して託していただく以上、それに応える義務はあると思う。

そもそも、仕事にもよるけど、法人ではなくて個人事業主だから…という理由だけで取引してくれない企業もあります。

だから頼んでいただけるだけでもすごいことで、それはしっかり責任を負って対応しないといけないよね。

 

まあどんな仕事もそうなんだけどさ。金額が小さくても、規模が小さくても、相手が誰であっても、ね。

 

 

日本刀コンサルでは、仕事の取り方や方向性に関するご相談も承っています。これから起業・独立を考えている人にもおすすめです。

月1回限定、人数限定。日本刀コンサルは4/26(水)です。

わけのわからないまま一人で始めて後悔するのは辛いから、うまく使ってね。

 

 

 

-起業・フリーランス

執筆者:

関連記事

「親が起業に反対してくる」問題を解決する2つの方法

最近、私より若いお客様が少し増えてきたのと(私が年を重ねたせいですねw)、私自身が25歳でフリーランスの道を選んでいるせいか、   会社を辞めて、フリーランスになりたい。起業したい。 でも、 …

「人脈」よりも「人間関係」が欲しいから【ゲリラお茶会の話】

  2015年の春から、「ゲリラお茶会」というのを開催しています。   開催の数日前に突然告知して開催するから、「ゲリラ」お茶会。 参加費は無料で、ご自身のお茶代のみ。基本的に都内 …

お金を払ってまでコンサルを受けて相談する意義って何だろう?

  「コンサル」という仕事をやっている人が本当にたくさんいるのだなあと知ったのは、個人で起業してからのことです。 扱っている専門分野も、経営や起業から恋愛や結婚まで、なにしろ幅広くて。 &n …

フリーランスになりたての駆け出し期、どうやって仕事をもらう?

    フリーランスになってから、いつの間にか10年以上経っていました。 フリーランスを選んだこと自体は、「会社に行くよりは家で仕事したいよね」ぐらいのいい加減なノリで決めた部分が …

好きなことを仕事にする前に、好きなことがわからない問題

  「好きなことを仕事にしよう」という言葉、本当によく聞かれるようになりましたよね。   会社勤めが安泰とはいえなくなり、起業・独立する人も増えて、さらに価値観も多様化している今、 …