oikawachie official website

及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

ひとりごとコラム

一生忘れない言葉

投稿日:2017年3月12日 更新日:

20歳ごろの話です。

 

地元の友達との交流がほとんどない私が、珍しく知人の家に遊びに行ったときのこと。

その知人のお母さまとお会いするのも、もちろん久しぶりでした。

 

お母さまに、「元気?」「今は何してるの?」などと聞かれたので、

「大学に行ってて、パン屋でバイトしてて…」って答えたときに、

お母さまから返ってきた答え…私、本当にショックでね。

 

あら、あなたバイトもできるのね~。勉強しかできないのかと思ってたわ~。

 

…大学生がやるパン屋のバイトです。まさかそんなに高度なものは想像しませんよね?

でも私は、それすらできない人だと思われていたわけです。

 

たしかに私、子供の頃はいわゆる優等生でした。勉強で困ったことはあまりありません。

でもそのせいで、先生もクラスメイトもその親たちも、「成績」という私の一面しか見てくれなかった。

いや、他の部分も見ていたのかもしれないけれど、少なくとも私は常にそう感じていました。

勉強そのものよりも、勉強ができることによる周りの僻みや妬みのほうが、よほど大変でしたから。

 

当たり前ですが、人間は一面だけではできていません。

 

人見知りで、友達に声をかけるのに勇気が必要で、

人の気持ちをあまりに敏感に察することができてしまって、

いつも誰かにかまってもらえるのを待っていて…。

そういう部分も、もっとちゃんと見てほしい…と、地元にいた頃の私は、ひたすら願い続けていました。

(そして結局願うのをやめて、環境を変えることを選んだわけですが…。)

 

そして、あの忘れられないお母さまの言葉から10年。

今私は、人のいろいろな側面をいろいろな角度から見つめ、魅力を引き出して伝える仕事をしています。

 

-ひとりごとコラム

執筆者:

関連記事

夜はひとり、こっそりと繭を編む

  夜をこよなく愛している。 これを書いている今も、既に午前2時だ。   街から離れ、人から離れ、世の現実から離れ、一人で自分の部屋にいると、余計なことを何一つ考えなくて済むような …

21年前の大恥は、埃みたいなもんだった。

実家の母は、私が子どもの頃のいろいろなものをいまだに取っていて、 教科書もノートも通知表も賞状も、だいたいきれいに残っている。   先日実家に帰ったとき、中学2年のときに書いた作文が発掘され …

Web上には愛すべき「おかしな普通」がごろごろ転がっている

  「活字中毒」とまではいかない気がするけど、子どもの頃から活字が好きだ。   母子手帳の4歳のページを見ると、母の字で「何しろ本が好きな子」と書き残されている。文字を読めるように …

今日が最後かもしれないのに。

あれから6回目の3月11日。 私はおかげさまで、あのときと同じ家に住み、同じような仕事をして、同じような毎日を送っている。   東京在住の私は、直接的に被災はしなかったものの、震度5の揺れは …

夢はもう、現実と妄想の狭間に落としてしまった

高校3年生の頃。 進学したいと思っていた大学の推薦入試に、「将来の夢について作文を提出すること」という課題があった。 出願時に提出するものだったので、事前に時間をかけて書いて、通っていた高校の先生と塾 …