【好きなところ100】大切な人に贈るために、自分を好きになるために。

先日、ロフトで買い物をしていたら、敬老の日コーナーでこんなものを発見。

 

present book 好きなところ100

文庫本よりもさらに一回り小さくて、私の手に乗るような大きさです。

相手の好きなところを100個書いてプレゼントしよう!っていうことみたい。それだけ好きなところ書いたら、絶対愛が伝わるよね。

 

売場に出ていたサンプルを見て、プレゼント以外にもいろいろ使い道がありそうだなと思い、1冊購入してみました。

 

「好きなところ100」の中身をちょっと紹介。

「present book」ということなので、扱いとしては「本」なのかもしれませんが、これは特に中身があるわけではなく、自分で埋めていく本。

 

まず開くと、プレゼントする相手の名前を書く欄が。

さらにページをめくると、好きなところを書くページが始まります。

「好きなところ1」を右側のピンクのページに書いていくわけですね。

こういうページがずっと続いていて、「好きなところ100」まであります。

 

100個書き終わると、

贈り主の名前を書くページになります。これで終わり。

空きページが最後に少しあるので、もう少ししっかりメッセージとか添えても良いですね。

 

で、いくら親しい相手だとしても、好きなところを100個書くってけっこう骨が折れるはず。

そこで、「おてつだいカード」というのが付いていました。これを見ながら好きなところ探しをしようね、ということですね。

(写真は片面だけですが、裏面もあります)

 

「好きなところ100」、こんな使い方もアリかもしれない

この「好きなところ100」、人に贈るだけじゃなくて、意外といろんな使い方ができるのではないか?と思ったのです。私が思いついた使い方を以下に3つほど挙げておきます。

 

1.自分の好きなところリストとして使う

他人に贈るんじゃなくて自分に贈るっていう発想で、自分の良いところ探しをする。

自分が好きになれない人って本当にたくさんいます。そんなときに、自分の良いところを書き出すワークってけっこういろんなところで耳にします(私も大昔にやったことがある)。

自分を観察して書き出すことで、「自分にもこんなに良いところがある」って気づくってことです。自分が好きになれないときって、影ばかりに目を向けているときだから、光に目を向け直す。

それをこの「好きなところ100」でやってみてもいいのかなと思います。1冊にまとまっていると、落ち込んだときとかに眺めても良いわけで。「おてつだいカード」もすごく役立つはず。

 

2.自分の好きなことリストとして使う

私はこういうものが好きです!というのをひたすら書いていく。

「好きなことを仕事にしたい」という人がたくさんいる一方、「好きなことがわからない」っていう人もすごく多いです。

あと、「好きなことがわからない」状態って、五感が鈍っていたり、辛いことがありすぎて感情を麻痺させていたり、自分に無理をさせていたりすることも多い気がします。精神的に疲れる方向に行きやすいんですよね。

なので、どんな些細なことでもいいから、好きなことを書き出してみる。好きな映画や本のタイトルでもいいし、食べ物でもいいし、景色でもいい。芸能人でもいいし、異性の好きなところとかでもいいよね。

 

3.「やりたいこと100」として使う

もはや「好きなこと」ではなくなってしまうんですが。

いつかやってみたい…と思っていることを100個挙げてみる。書き出してみることで、「いつか」ではなく「今」やれることも見えてくるかもしれませんし。

「行きたい場所100」でもいいでしょうし、「実現したい夢リスト」みたいな感覚で使うイメージでしょうか。「好き」もそうですけど、「やりたい」も意外と埋もれちゃってわからなくなることが多いんですよね。

 

別に普通のノートに100個書いてもいいと思うんですが、「1冊にかわいくまとまる」っていうのが、この「好きなところ100」の大きなポイントのような気がしています。

このサイズならかばんの中に入るし(透明ケースが付いてるから折れない)、いつでも見直せるし、なんだかんだで専用ノートがあるってやっぱりテンション上がります。

それに、普通のノートに100個リストアップしても、ノート余っちゃいますからね。

 

自分なりの使い方で宝物にできる本

個人的な結論として、「好きなところ100」は自分なりにさまざまな使い方ができて、使い方次第で宝物になってくれる本だな、と感じました。

自分がわくわくできるような使い道に使いたいですね。サイズ感もちょうどいいし、見るたびに楽しい気持ちとか嬉しい気持ちになれそうだし。

とはいえ、私自身は何に使うかまだ決めてないのです…どうしようかな。うまい活用法を考えたいと思います。

 

この記事で紹介した赤はこちら。

 

白もあります。お好みで。

 

【2018.7.11追記】

「好きなこと100」の続編?として、「一緒にしたいこと100」というのも出たんですね。

 

※「好き」は宝物だけど、なかなか「好き」が見つからないあなたには、こちらの記事をおすすめしておきます。

自己啓発本よりも、きっとこういうことが役に立つと思うから。

「自己啓発本は役に立たない」と思っているあなたへ。