oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

ひとりごとコラム

夢はもう、現実と妄想の狭間に落としてしまった

投稿日:2017年3月16日 更新日:

高校3年生の頃。

進学したいと思っていた大学の推薦入試に、「将来の夢について作文を提出すること」という課題があった。

出願時に提出するものだったので、事前に時間をかけて書いて、通っていた高校の先生と塾の先生、合計3名ほどにチェックしてもらってから提出することにした。

 

ある現代文の先生から、どうも釈然としないフィードバックを受けた。

「作文としてはよくできてる。でも、夢を書けって言われているんだから、もっと壮大な、現実離れしたものでもいいんじゃないの?」

ちなみに、このとき書いた夢はたしか「国連(国際機関)で働きたい」だったと思う。国連なんて狭き門のはずで、十分現実離れしてると思うんだけども。

 

さて、夢って何だろうか。

 

一般的には、「今は叶っていないけど将来的に叶えたい何か」を夢と呼ぶのだと思う。上述の先生の言葉から考えると、ある種の空想も含まれるのだろう。

現実から遠くても構わない。将来叶っていたら嬉しいと思えるものであれば。おそらくそんな感じ。

 

これを受けて1つ言えるのは、私の中には、そういう意味での「夢」の概念が存在していないのかもしれない、ということだ。

 

将来的に叶えたいと思うことがあったら、そっちに向かって走らないといけないわけだから、「現実」の一部だと考えるほうが個人的にはしっくりくる。

逆に、どうやっても叶えようのない絵空事は、どちらかというと「妄想」という言葉がしっくりくる。ぼんやり思い描いているだけのほうが楽しくて、現実にしないほうが幸せそうなもののこと。

 

どうやら私には「現実」と「妄想」しか存在していないらしい。

夢?現実と妄想の狭間に落っこちて、どこかに挟まってるんじゃなかろうか。

 

 

 

先生からもらったフィードバックをそのまま反映してしまうと、私の中では「妄想」に分類されてしまう。壮大なのはともかく、現実離れしたら「夢」じゃなく「妄想」。そうなるとお題から外れてしまう。

18歳の私は、さすがにここまではっきりと気づいてはいなかったけれど、何らかの違和感は明らかに覚えていた。その違和感を今改めて考えて言葉にしてみると、こんな感じなのだと思う。

 

まあ、正直に言ってしまうと、呼び方は夢でも妄想でも何でもいい。叶えたいと思うことは全部叶えたい。妄想の世界も大好きだから楽しみたい。ただそれだけの話。

 

-ひとりごとコラム

執筆者:

関連記事

星野源「ドラえもん」と、大人の私と子どもの私。

いくらファンだからって、CD出すたびに何かを書きたいわけではないのです。本当に感動したときだけ書きたいのです。そうじゃなければTwitterで適当につぶやいて終わりで良いわけで。 でも結局、感動して書 …

「自己啓発本は役に立たない」と思っているあなたへ。

じこ‐けいはつ【自己啓発】 本人の意思で、自分自身の能力向上や精神的な成長を目指すこと。また、そのための訓練。(デジタル大辞泉より)     「自己啓発本」という一大ジャンルがある …

個性という魔物を寄せつけない2018年に(今年の漢字とか抱負とか)

三が日終わってしまいましたが…あけましておめでとうございます。 年末年始、ほぼずっと仕事をしていたので、「昨日の続き」みたいな感じで年を越した感じがしませんが、2018年なんですよね…。 ぼんやりして …

チョコミントには抵抗勢力がいると聞いて

※こちら、「みんなでブログを書く会」の時間内に書き上げた記事です!     「写真撮ってもいいですか?」   日が沈んで真っ暗になった18時過ぎ。カフェでメルマガの原稿を …

新しい地図「逃げよう。自分を縛り付けるものから」は今の社会のキャッチコピー

稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さん。ジャニーズを出た3人のサイト「新しい地図」がものすごい話題ですね。 Twitterなんかを見てると、「別にSMAPファンではなかったんだけど」と言いながら応援し …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *