oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

ひとりごとコラム

夜はひとり、こっそりと繭を編む

投稿日:

 

夜をこよなく愛している。

これを書いている今も、既に午前2時だ。

 

街から離れ、人から離れ、世の現実から離れ、一人で自分の部屋にいると、余計なことを何一つ考えなくて済むような気持ちになる。

 

考えるのは、昼間の世界では邪道だと思われそうなことばかり。

 

自分の世界にこもると、頭の中に広がるのは、現実を気にしなくても構わない妄想たちだ。

現実から切り離された夜なら、誰にも何も言われず、遠慮なく別世界を広げられる気がする。

 

夜は昼と違って無口だ。

何の口出しもしてこない。とても優しい。

だから、明日が来るのが怖いと感じる日は、夜の布団の中で現実逃避をする。

一瞬で違う世界の住人になれる。現実のつらいことを忘れさせてくれる。

 

夜には出口がないような気がする。

放っておいても太陽は昇って明日は来てしまうはずなのに、なぜか明日のことをすっかり忘れさせてくれるような、懐の深さを感じる。

 

夜である限りは、ひとまず安全。

 

夜の闇の中で、さまざまな映像が頭を駆け巡り、重なり合って編まれていく。

私は、真っ白な繭の中で、大好きなものたちに守られたような気持ちになる。

夜が私をふわりと包んでくれている限り、美しい繭が私をきゅっと守ってくれている限り、私はどこまでも私で、私はどこまでも自由なはずだ。

 

-ひとりごとコラム

執筆者:

関連記事

臆病者よ、筆を取れ【天狼院書店ライティング・ゼミを受講しました】

【書きました&狙いました&#x3 …

真面目な人は、自ら壊れることを覚えたら最強だと思う。

たびたび思ってきたことを、ちょっとまとめておこうと思います。何かしら参考になったら嬉しいです。 けっこう感覚的な話なのだけど、どこまで伝わるかなー。   壊れ方を知れ。たまに自ら壊れよ。特に …

雑食系フリーランスが雑食っぷりを図式化してみた結果

「雑食系フリーランス」という肩書きは、思いつきで付けたもので、特に愛着や思い入れはありません(爆)。なんとなく、今の自分を表す言葉はこれぐらいかな…と思っているだけです。   とはいえこの肩 …

「好き」の終わりは、とりあえず戸惑う

大好きだったものが、ある日突然好きではなくなってしまったこと、あなたにはないだろうか。   私にはある。正確に言うと、ちょうど今朝あった。   いつも通り、仕事に出かけるために身支 …

みんなのお母さん&あしながおじさん【妄想族のたわごと】

妄想の中の自分って、いつ&#x3 …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *