oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

起業・フリーランス

お金を払ってまでコンサルを受けて相談する意義って何だろう?

投稿日:2017年4月20日 更新日:

 

「コンサル」という仕事をやっている人が本当にたくさんいるのだなあと知ったのは、個人で起業してからのことです。

扱っている専門分野も、経営や起業から恋愛や結婚まで、なにしろ幅広くて。

 

かくいう私自身も、単発のコンサルとか継続コンサルコースをやっていて、さまざまなお仕事の方が、さまざまな相談をお持ちになります。

私のところにいらっしゃるのは、起業しようとしている人か、起業済でこれからビジネスを自分らしく育てていきたい人がメインですが、ただ話を聴いてほしいという方も少なくありません。

成果を出す方法を得るばかりでなく、とにかく心の内を吐き出せる相手や、頭の整理を一緒にしてくれる相手を求めている人も、相当たくさんいる感じがしています。

 

これだけたくさんの人がコンサルを受け付けている現状を考えると、それだけニーズがあるということなのだろうけど、コンサルを受け付ける身として、頻繁に考えるのです。

 

お金を払ってまでコンサルを受けて、他人に相談する意義って何だろう?

 

 

1. 人間、自分のことは自分ではよくわからないから。

自己分析とか内省がそれなりに上手な人でも、ちゃんと自分を信頼できている人でも、自分を完璧に理解できているとは限りません。

そもそも、いくら自分自身のこととはいえ、100%の理解なんてたぶん無理な話。むしろ、自分のことだからこそ、死角だらけにもなりやすい。

(ちなみに大雑把な傾向ですが、女性は自分を過小評価しやすく、男性は過大評価しやすい気がする)

 

自分にとって当たり前すぎるようなことこそ、他人に重宝がられたり、仕事になってしまったりするものです。あなたの当たり前って、他の人にとっては意外と当たり前じゃない。

でも、自分にとっては当たり前だからこそ、一人で考えていても「大したことない」「役立つわけがない」と思ってしまって、活かそうという発想に至らない。

こういうところ、他人の視点が必要な場面ですね。もったいないもの。

 

他人に指摘してもらえないと気づけない宝箱みたいなものを、誰にでも多かれ少なかれ隠し持っているんじゃないかと思っています。

 

その宝箱に気づいて開けてみたら、次なる道への地図とか鍵とかが手に入ったりするんだよね。コンサル代は未来への鍵代。

 

 

2. 頭でわかっていても、なかなか動けないから。

「やろうと思っているんだけど、こういう理由でどうしてもできない」

「やりたいんだけど、こういう事情でどうしても動けない」

 

この手の話、本当によく聞くのですが、冷静に考えると解決策は簡単なことで。

理由がわかっているなら、その理由を取り除く努力をすればいいし、心配してしまうのなら、その心配を解消できる方法を考えればいい。それだけの話です。

 

それで、のっぴきならない事情っていうのもときにはあるのだけど、わざわざコンサルにいらっしゃる方の場合、多くは「やらない言い訳」を並べているだけです(笑)。

ご本人もうすうす気づいているんじゃないのかな。そして、そんな自分を何とかしたいからこそ、コンサルにお金払ってまでいらっしゃる。

 

自分一人だとつい逃げちゃうから、逃げ道を潰して!というご相談なのだと理解しています。

 

淡々と理論的に、「やりたいことをやるにはどうしたらいいのか」をお話していくと、逃げ道がなくなって、やらざるをえない状況になることが多いです。

コンサルの後、やるかどうかはご相談者さま次第になりますけど、コンサル代は自分を律するための代金。

 

 

3.自分の頭で考えられる範囲には限界があるから。

自分の頭で考えられる範囲って、恐ろしいほど狭いです。悩みが深ければ深いほど、どうしても視野狭窄に陥ってしまうし。

他人に指摘されれば「なーんだ、簡単なことじゃないか」と思うようなことも、なぜか1人で悩んでいると気づけなかったりするのですよね。ほんと不思議なんだけど。

 

あと、気づかないうちに、自分のできることに上限を設けてしまったりするもんです。

「私はこれが苦手だから」「私はこういうもの向いていないから」「私はそこまでの才能はないから」「私はあの人みたいにすごいことはできないから」って。

それ、本当か?絶対にそうなのか?ただ単に思い込んでいるだけじゃないか?

 

自分の頭の中で想像できるのは、自分が経験したことや見聞きした範囲のこと。でも、未来が自分の想像の範囲に収まるとは限らないでしょ?

 

だから、他人の脳みそが必要なんだと思うんです。

自分以外の人が想像できる範囲まで未来が広がったら、それだけでも可能性はものすごく大きくなるし、生きるのも楽しくなる。

他人のたった一言が、目の前の景色をパッと切り替えてくれることがある。コンサル代は、自分の未来から制限を取っ払い、拡張するための代金。

 

 

 

私がお金を払ってでも他人に相談する理由。

もちろん、お金を払ってコンサルを受けるだけが正しい選択とは限りません。コンサルも乱立していて、正直言ってピンキリという印象を受けますし(自戒を込めて)。

無料・有料にかかわらず、相談できる相手が身近にいれば、それに越したことはありません。「困ったらこの人がいる」という人ね。複数名いると尚可。

 

ただ、それでも敢えてお金を払って相談をすると、

  • 身銭を切る分、無料のときよりも成果を得ようと頑張れることが多い
  • 敢えて自分のことを全然知らない人の客観的な意見が聞ける
  • 身近な人に相談しづらいことも、赤の他人なら相談しやすい
  • それこそ憧れの人であっても、お金を払えば顧客として相談可能

みたいなメリットはあるのかな、と思います。

 

私自身、今ちょうどお金を払って相談したいことを抱えているところなんだけど、そういうときって「自分の中の壁を壊したい」「自分に想像のつかない世界に連れていってほしい」みたいな気持ちが強いときだなあと。

 

そういうタイミングで躊躇なく人の力を借りられると、下手に考えすぎて時間や労力をムダにしたり、思考を拗らせて動けなくなるようなことも少ないと思っています。経験上。

 

「自分の中の壁を壊したい」「自分に想像のつかない世界に連れていってほしい」

 

…自分がそういうときにコンサルを受けたいと思うってことは、私自身がそれをしてあげられる人間であれ、ってことだよね。コンサルを提供する立場として。がんばろ。

 

 

月1回、人数限定。起業、セルフブランド作り、Web発信などのご相談承ります。

次回の日本刀コンサルは4/26(水)です。

 

 

 

-起業・フリーランス

執筆者:

関連記事

思考体力が鍛えられると、人生は格段に豊かになる

「読むチカラはみんなにある。」鍛えるほどに伸びていく!人をわかるチカラも、自己理解の適切さも、世界の読み書きの自由さも伸ばせる。使わないとこの筋肉は萎えていく。理解の体力をつけるには? https:/ …

「素人革命」は既に起きている。プロより高く売れる素人の写真の秘密

今日はこの記事の話がしたいです。 ↓↓↓ 一昨日ぐらいからこの手のことをすごく考えてる。素人の写真がプロの20倍以上の値段で売れる理由|えとみほ|note(ノート) https://t.co/2gyK …

雑食系フリーランスが雑食っぷりを図式化してみた結果

「雑食系フリーランス」という肩書きは、思いつきで付けたもので、特に愛着や思い入れはありません(爆)。なんとなく、今の自分を表す言葉はこれぐらいかな…と思っているだけです。   とはいえこの肩 …

わかりやすいセミナー・講演の作り方。内容構成の3つのポイント

これまで私は、自主開催のセミナーや、ご依頼・招致いただいた講演・研修など、さまざまな形でさまざまなことを話し、教えてきました。     そもそも私、人前で話す機会は小学校1年生のと …

【フリーランス的メモ】昨夜の反省事項について

仕事は「時間内に」「一定のクオリティで」仕上げてこそ。あと少し時間があれば…とか、ないんだよなあ。それは実力不足の言い訳。反省…。 — 及川智恵@レンズたちのむこう側 (@oikawach …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *