oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

人間観察日記

【人間観察日記・9】世界は広い、という当たり前の事実に触れるとき

投稿日:

世界をすべて知ることはできないけれど、「世界は広いんだな」と感じることならできたりするよね。

 

 

Vol. 9 世界は広い、という当たり前の事実に触れるとき

「50円のお返しです」

「あの、1万円出したんだけど」

「あ」

 

カフェで950円分食事と飲み物をオーダーして、一万円札を出したら、なぜかおつりが50円。レジ担当の若い男性が、私の出したお札を千円札と見間違えてしまったようだ。

慌ててレジを打ち直す男性。まだ入ったばかりなのだろうか。よく使うカフェなのだが、見覚えのない顔だ。レジを打つ手つきも、なんとなくおぼつかない。

 

「どうしたの?」

「いや、おつり間違えちゃって」

「え、おつり間違えただけなら打ち直さなくていいのに」

 

気配を察したのか、近くにいた女性の先輩がめんどくさそうに助け船を出した。打ち直す前に一言聞いてくれよ、という顔をしている。まあ、気持ちはわからなくもないけど。

 

「9,050円のお返しです。お食事はお席までお持ちします」

 

女性のほうが無表情で私におつりを手渡してきた。男性のほうは何も言わず、こちらを見ようともしない。

ここは「失礼しました」とか「申し訳ございません」とか言うところじゃないかなあ、2人とも。

ちょっともやっとした気持ちになったが、別に謝ってもらったからどうっていうわけでもないし、そのまま飲み物を受け取って席に着いた。

 

なんか面倒な客だと思われたんですかねぇ。さすがに9,000円もおつりが少なければ、言って当たり前だと思うんだけど。

 

ふと、自分がカフェでバイトをしていた頃のことを思い出した。大学時代のことだ。

 

駅構内のベーカリーカフェだった。パンのテイクアウトだけでなく、イートインスペースもあって、コーヒーや軽食も出していた。

朝は出勤前のサラリーマン。昼は井戸端会議のおばさまたち。夕方から夜は、学校帰りの若者と、会社帰りに翌日の朝食を買い求める女性。週末はショッピングの合間に一息つく親子やカップル。

場所柄もあるのだろうが、本当にいろいろな客の来る店だった。シフトが比較的自由で、さまざまな時間帯に働いていたので、なおさらそう感じたのかもしれない。

 

誰がどう聞いても「紅茶」と言ったはずなのに「違う、俺はコーヒーを頼んだ」と毎回言い張る常連客がいた。

空腹のあまりか、とっさに商品のパンに手を伸ばしてかじってしまって、店長に警察を呼ばれてしまったホームレスのおじさんもいた。

もちろんここまで印象的な客ばかりではなかったが、本当にいろいろな人が毎日やってきた。立地が良いこともあり、基本的に忙しい店だったので、私はいちいちイライラしていることが多かった。

 

いや、忙しかったからというよりも、私の器が小さかったんだよなあ、と今は思う。客のちょっとした態度にイラッとして、店長のちょっとした発言にイラッとして、また別の客にイラッとして、店の混雑ぶりにますますイラッとして。

「なんでこんなこと言うんだこの客は」「どうでもいいじゃないか」「あーもう一体なんなんだよこいつは」

頭の中は、大半がこんな感じだった。仕事が終わってロッカールームで着替えながら、バイト同士で客をネタに愚痴を吐きまくったりして。

 

つくづく、カフェって街の縮図だなと思う。

 

カフェで働いていた期間に私が見せられていたのは、「世の中にはいろいろな人がいる」という当たり前の事実、ただそれだけだ。

親切な人もいれば、そうでない人もいるし、コミュニケーションがすんなり取れる人もいれば、そうでない人もいる。良し悪しではない。この世界は、人間とは、そういうもの。

自分には考えられないような言動を取る人もいるけど、その人にとってはそれが当たり前だったりもする。というか、自分が理解できる相手なんて、むしろ世の中全体を見たら少なくて当然だろう。

 

自分の生まれ育った街よりもずっと大きなターミナル駅にあったそのカフェは、私にとっては、ほとんど世界の縮図のようなものだったと思う。

当時の私には、受け入れがたい人もたくさんいたけど、今思い返すと、あの頃そういう仕事をやっておいて良かった。いろんな人がいるという当たり前の事実を、しっかり体感させてもらえたから。

 

今接客のバイトをしたらどんな感じなのかなあ。まあ、ある意味今も接客してるんだけどさ。

 

おつりが少なかったあの日からしばらく経つけど、あのカフェのバイトの彼は、今ごろ仕事に少し慣れただろうか。世界は広いんだよ、青年よ。

 

 

今日のカフェ情報:ゴリラコーヒーのカプチーノ。

ゴリラコーヒーってベイクルーズ系列なんですねぇ。なんかすごいなベイクルーズ。

この日はカプチーノしか頼んでいないのですが、ステーキサンドがものすごく気になります。なんかがっつりしたものが似合う気がするんだよね、このお店。次行ったら食べてみたいな。

ゴリラコーヒーのカプチーノ、400円。

 

 

-人間観察日記

執筆者:

関連記事

「人間観察日記」と個展フォトブック通販実施中!

※いずれも、現在私の手元に在庫が少しだけありますので、私からの直接購入を受け付けます。1ヵ所でまとめてお買い物を済ませたい方、ネット通販じゃ味気ないと思ってしまう方、こちらからお問い合わせくださいませ …

【人間観察日記・16】仕事始めはカフェ出勤

カフェはいつもやさしくて、コーヒーはいつも少しだけ現実的で苦い。     Vol. 16 仕事始めはカフェ出勤 新年4日、仕事始め。お正月モードを抜けて、少しずつ元通りになっていく …

【人間観察日記・1】いやいや、お忙しいのにすみません

人間観察が好きで、文章にしてみたいなとずっと思っていました。 お前それ仕事でやってるじゃないか、と言われればまさにその通りなのだけど、お客様としていらっしゃる方ばかりでなく、普通に暮らしている普通の人 …

【人間観察日記・0】人間という愛おしき生き物の話

  思えば「人を見る」仕事をずいぶんやってきた。   今の仕事は、1人1人の魅力や強みをビジネスに変えることなので、完全に人を見るのがメインといえる。 というか、相手の本質までよく …

【人間観察日記・6】壊れたブレーキ

※この話は実話を参考にしたフィクションです。     Vol. 6 壊れたブレーキ 止まらない。 夫を責める言葉が、止まらない。   私はたしかに、とても怒っている。 & …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *