oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

人間観察日記

【人間観察日記・6】壊れたブレーキ

投稿日:

※この話は実話を参考にしたフィクションです。

 

 

Vol. 6 壊れたブレーキ

止まらない。

夫を責める言葉が、止まらない。

 

私はたしかに、とても怒っている。

 

夫は私の知らないところで、あちこちから多額の借金をしていた。

返済のめどなんて立つはずがないのは、数字を聞いただけで火を見るより明らかだ。お金の行き先は、競馬とパチンコと酒だという。中毒じゃないの。どうなってんのよ。

 

そんなわけで、怒りがまったくおさまらない。

 

結婚してからの31年間で心に溜まっていた澱をすべて吐き出すかのように、私は次から次へと夫に向かって言葉を吐き出し、全力でぶつけ続けた。

 

どうしてあなたはそんなこともわからないの?

いったいなんでそんなことしちゃったのよ?

こんなにたくさんのお金、いったいどうするつもりなの?

 

夫は完全に萎縮している。言い分は一応あるようだが、返答する声がどんどん小さくなっていく。第一、耳に入ってこない。

 

あなたはいつもそうなのよ、何も考えずに適当なことをやって。

そういえば昔、会社適当に辞めてきたこともあったわよね、家のことも考えずに。

子どもたちの学費がかかる時期に、後先考えずに仕事辞める人がどこにいるの?

 

…ああ、「いつもそうなのよ」って言ってしまった。

昔のことまで蒸し返すのは女の特徴だという話を昨日どこかで読んだけど、芋づる式に怒りが沸いてきて止まらないのだから仕方がない。

 

仕事は適当に辞めてくるくせに、よくわからないものをごちゃごちゃ買ってくるのよね。

そういえば、私の誕生日に何かしてくれたことあった?何もないわよね?

何なのかしら、家にいればごろごろ、外に出ればギャンブルと酒…。

もう、こんなだらしない人だなんて思わなかったわよ。わかってたら最初から結婚なんてしなかったのに!

 

夫はさっきから一言も話していない。うつろな目で、必死で逃げ場を探している。

 

もう何が何だか分からなくなってきた。私はいったい何に怒っているのだろうか。

 

もうやめてあげて、反省してるはずだから、と頭のどこかから声が聞こえてくる。

こんなもんじゃないのよ、言いたいことは山ほどあるの、という声が別の方角から聞こえてくる。

 

やめたくてもできないの。どうやってやめたらいいのかわからないの。

私の口にはもう、チャックもブレーキも何も存在しない。

 

私は私の止め方が、もうわからない。

 


 

先日入ったカフェ。近くの席に座った夫婦の会話が漏れ聞こえてきた。

2人とも50代後半ぐらいだろうか。妻が徹底的に夫を責めていた。詳細はわからないが、借金の話だということはわかった。

 

その責め方が、私の拙い文章ではとても表現しきれないぐらいの、凄まじい威力だったのだ。

内容的には夫が悪いのだろうけど、それでも夫に同情したくなってしまうほど。

 

「夫を責めるのをやめたいと、心のどこかで思っていてほしい」

 

好きな人を責めるのは辛いことだ。どんなに怒っていたとしても。

妻が夫のことを今でも好きかどうかは、あの場を見る限り置いておかざるをえないけれど、ずっと連れ添ってきた情のようなものは、多少なりともあるだろう。

 

私の妄想と願望でしかないけれど、それでもどうかあのご夫婦が、光のあるほうに歩いていけますように。

 

 

今日のカフェ情報:ドトールのチーズトースト。

 

どんなカフェチェーンが出てきても、ドトールの安定感みたいなものって強いですね。

昔はタバコくさいイメージがあって好きじゃなかったんですが、最近は分煙されて、店舗によってはコンセントもあったりして、以前より良く使うようになりました。

チーズトーストっていうのも、ものすごく定番で間違いない感じがしていいよね。朝ごはんに頂きました。

ドトールコーヒーショップのチーズトースト(ドリンク別)、250円。

 

-人間観察日記

執筆者:

関連記事

【人間観察日記・5】理想的な写真の撮り方講座

写真は「真実を写す」と書くけれど、そもそも「真実」は1つじゃないといつも思ってしまう。撮る人の数だけ真実があって、「個々の真実が写る(写ってしまう)」というのが本当じゃないかなあと。   & …

【人間観察日記・1】いやいや、お忙しいのにすみません

人間観察が好きで、文章にしてみたいなとずっと思っていました。 お前それ仕事でやってるじゃないか、と言われればまさにその通りなのだけど、お客様としていらっしゃる方ばかりでなく、普通に暮らしている普通の人 …

「出版おめでとう」って言われても【人間観察日記についてお知らせ】

個展に合わせてどうしても作りたかったものの1つが、「人間観察日記」をまとめた冊子でした。このブログに書き溜めているエッセイですね。   今回はあくまで「写真を使ったアート作品の個展」ではある …

【人間観察日記・10】良い店に共通するたった1つの条件

  人間とは、ゆらぐ生き物である。     Vol. 10 良い店に共通するたった1つの条件 「おはようございます~暑いですね~」 先に会話を始めたのは、70代ぐらいのマ …

【人間観察日記・15】恋の香りは、きっと一生逃れられない罠

毒とか罠がかわいく使える女子って、今になってすごくうらやましい。       Vol. 15 恋の香りは、きっと一生逃れられない罠 香害に見舞われている。   …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *