oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

人間観察日記

【人間観察日記・4】肉食男子と草食男子

投稿日:

世の中ほんとうにいろいろな人がいるわけなんですが、個人的には、肉食と草食を足して2で割ったぐらいの男性が良いなと思っています(どうでもいい)

 

 

Vol. 4  肉食男子と草食男子

「俺さ、人を蹴落としてでも、殺してでも、成り上がりたいと思ってきたわけよ」

「勉強や学歴では勝てなかったけどさ、頭のいい奴って口だけで何もやらないやつ多すぎるでしょ?俺は行動力なら負けない」

 

ぽっかり空いてしまった小一時間、カフェでPCを叩きながら潰していると、えらく血気盛んな会話が聞こえてきた。

隣の席に座っているのは、30代ぐらいの男性2人組。片方はベンチャー企業の社長、もう片方はそこの社員のように見える。

社長は、黒地に模様の入ったスーツでノーネクタイ。足を組んで、少しそっくり返りぎみの偉そうな姿勢で座っている。細めに整えた眉は鋭い角度の弧を描いていて、目がきゅるりと大きい。

かたや社員のほうは、ジーパンにパーカーというカジュアルな服装。私の真横にいるので顔はよく見えないのだが、ちょっと有名な会社から転職してきたらしい。

 

見た目からして、見事なまでに「肉食系」と「草食系」の組み合わせだ。

 

「スタートアップの段階なんてさ、休んでる暇ないわけよ。休むなとは言わないけどさ、会社のことを考えたら、この時期に休みますなんて言えないだろ?」

「だいたい、上の立場の連中が休んじゃったら、下も真似して休むわけよ。あいつらはそういうこと全然考えてない。甘いんだよな、そういうことをもう少しわかってもらいたいから、俺は全然休まないんだけど」

 

社長はどうやら一部社員に対してご不満のようだ。

ちょうどゴールデンウィークの狭間の平日。2日休みを取れば長期休暇になるのだから、休む人がいてもまったくおかしくない。

とはいえ、スタートアップは大変で休んでいられない…というのは経営側の素直な気持ちだろう。社員と経営者ってほんとわかりあえないっすね。

 

語気を強めて「甘い」という言葉を連発する社長に対して、カジュアル服の社員くんは「そうっすね~」「たしかにそうですよね~」とのらりくらり返しながらも、あまり社長に共感している様子ではなかった。

「知り合いにxxさんっていう人がいるんですけどね…」

草食社員くんは、さりげなく他人の事例を使って社長に反論を試みた。やっぱり彼は、社長みたいにがつがつした感じよりも、もう少しゆるいのがお好みらしい、パーカーとジーパンというその服装そのままに。

 

しかし、肉食社長はそんなことでは動じない。

「xxが成功していればいいけど、大して成果出してないでしょ?成果が出てないなら間違っている。あいつと比べないでほしい」

…おお、見事にぴしゃり。

 

草食社員くんはこの話に見切りをつけて、次の話題に移った。これ以上言ってもムダだとわかったのだろう。彼は社長のすべてを見抜いている感じがするな。

 

草食社員くんが次に始めた話は、最近のトレンドや新しい技術のことだった。こういうものが流行っている、こういう技術がアツい、といったような。

肉食社長は、丸く大きな目を輝かせて熱心に耳を傾け、ときに質問を返していた。草食社員くんを信頼しているのがよくわかるのと同時に、お金になりそうな話に対しては本当に素直なのだな、と感心した。いや、大事なことよ。

 

肉食社長は「成果」がすべてで、人生は「勝負」なのだ。何もかもに勝ち負けが付いてしまう世界を生きているのだ。まあ、社長としてある程度は当然なのだろうけど、とにかく100%そうなのだ。

 

「俺は自分のことを見せない。FacebookとかInstagramとか一切やらない。全部隠しているんだよ。幻滅させてもいけないし、発信したら自然と自慢になっちゃうから、敵を作るだろ」

もう私のような小物には理解できない理論なんだけど、とにかくこの世は彼にとってプロレスのリングみたいなもんなんだなということはわかった。

 

悔しかったんだろうなあ。

 

いろんな場面で負けてきたことが、本当に悔しかったんだと思う。その悔しさを晴らすためにも、まだまだ頑張らないといけないし、負けるわけにはいかないのだよなあ。なんてまっすぐな人なのだろうか。

 

かたや草食社員くんは、人間はお金や勝ち負けだけで必ずしも動かないという価値観で生きている感じがする。人間なんて弱いんだから、休みたいし、年がら年中勝ち続けられないし、ゆるくたっていいじゃないっすか、みたいな。

だからこそ、過剰に戦うことなく、社長のご機嫌をうまく取れるのだろうな。この二人がバランス良く機能したら、ものすごく良い会社になりそうだ、と思った。

 

仕事の話がひととおり落ち着いた後は、女性の話が始まった。

結婚していても、女友達と普通に遊びにいくという草食社員くん。そんなの信じられない、男女の友情なんてありえないという肉食社長。

キャバクラなんて、最近知り合いに連れていかれるまで知らなかったし、別に楽しくもなかったし…という草食社員くん。は?なんで?とひたすら疑問しか出てこない肉食社長。

 

いやはや、恋愛観も見事なまでに肉食と草食でした。人は見かけによらない、とも限らない。

 

 

今日のカフェ情報:カフェ・ド・クリエのパスタ。

前も書いたけど、お腹がすいたらやっぱりサンドイッチよりパスタが頼みたい。カフェ・ド・クリエは何かとお気に入りで、よくPCを持って居座っています。

このパスタ、なんか春を感じる味でおいしかったな。季節限定メニューだろうか。本当はソラマメがあんまり好きじゃないのだけど、なんか普通に食べられてしまいました。

ホタテと桜海老のオイルソースセット、900円。

 

 

-人間観察日記

執筆者:

関連記事

【人間観察日記・6】壊れたブレーキ

※この話は実話を参考にしたフィクションです。     Vol. 6 壊れたブレーキ 止まらない。 夫を責める言葉が、止まらない。   私はたしかに、とても怒っている。 & …

【人間観察日記・11】沈黙との戦いはいつまで続くのか

沈黙、怖かったなあ。今でもたまに怖いけど。   ※珍しく自撮りを載せてみる。     Vol. 11 沈黙との戦いはいつまで続くのか 髪を切った。 9月に入ったばかりなの …

【人間観察日記・12】笑わなくても、あなたは素敵よ

笑っても笑わなくても、あなたはやっぱりあなたで。       Vol. 12 笑わなくても、あなたは素敵よ メガネの掛け心地が悪い。 メガネは何本も持っているが、気に入っ …

【人間観察日記・10】良い店に共通するたった1つの条件

  人間とは、ゆらぐ生き物である。     Vol. 10 良い店に共通するたった1つの条件 「おはようございます~暑いですね~」 先に会話を始めたのは、70代ぐらいのマ …

【人間観察日記・15】恋の香りは、きっと一生逃れられない罠

毒とか罠がかわいく使える女子って、今になってすごくうらやましい。       Vol. 15 恋の香りは、きっと一生逃れられない罠 香害に見舞われている。   …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *