oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

人間観察日記

【人間観察日記・3】お寒い中、ありがとうございます

投稿日:2017年4月23日 更新日:

素敵な響きだった。

言葉を上手に使える人を見ると、きっと繊細で、思慮深くて、優しくて、あたたかい人なんだろうなあと、つい勝手に思ってしまう。

 

Vol. 3 お寒い中、ありがとうございます

まだ冬の気配の残っていた3月のある日。

仕事の帰りに立ち寄った地元の書店。ふと目に留まった雑誌を購入することにした。

2台しかないレジは埋まっていたが、すぐ前の客がちょうど会計を終えたところだった。

対応していたのは、50代ぐらいだろうか、店長格とおぼしき男性店員だ。笑顔ではなかったが、メガネの奥の瞳はとても穏やかな表情で、決して感じは悪くない。本当のところはどうか知らないが、いわゆる読書の虫のイメージにぴったり合うような印象の人だ。

 

「お寒い中、ありがとうございます」

 

彼が帰り際の客にそう声をかけたのが、私の耳にも入ってきた。

 

たしかに北風の吹き荒れる寒い日だった。外出しなくて済むならしたくない、と思うには十分すぎる天気だ。

客の姿はきちんと追えなかったが、若い客ではなかったように思う。地元の年配の常連客が、わざわざ本の予約でもしにきていたのだろうか。

 

とにかく、その一言はとても温かく美しかった。

 

書店でそんな言葉がけを聞いたのは、おそらく初めてだったと思う。ましてこの書店、地元の書店とはいえ、個人経営ではなくチェーン店だ。

思ってもいないところで響いたその言葉は、水面にぽたりと落ちた水滴がそっと美しい円を描いていくのを見ているかのような、穏やかな幸福感に満ちていた。

 

★★★

言葉とはなんとも罪な存在だ。

 

思いがけない一言が、人生を変えるだけの力を帯びていたりする。

あの一言に勇気づけられて前に進めた…ということもあるし、逆にあの一言が心に突き刺さってしまって動けない…ということだってある。

本当に何気なく発した一言が相手を大いに喜ばせることもあるし、良かれと思って発した一言で相手を傷つけたり怒らせたりしてしまうことだってある。

 

ちょっと大げさに言うならば…どんなに考えて発したとしても、どう転ぶかは神のみぞ知るのが言葉だ。

 

「伝えたいことを言葉に変える」ということだけでも十分難しいわけだけど、その難しさを乗り越えられたとしても、結局は神様次第という残酷さよ。

そんな一言の破壊力を思うと、私たちはとんでもない武器を振り回して歩いているのだな、と少し怖くなる。あまりに怖くて、もう何も言わずにいよう…と何度思ったかわからない。まあ、思うだけで実際にできたことはないんだけれども。

 

★★★

「お寒い中、ありがとうございます」

 

何の飾りもない普通の一言だ。そして、その普通さがとても良かった。気合いの入った言い方ではなく、とてもさらりとしていて、平熱の言葉だったことが。

 

言葉をうまく使える人は、ただ、普通の言葉を丁寧に使い続けている人なのかもしれない。

 

仮に言葉のせいで痛い目に遭ったり遭わせてしまったりすることがあったとしても、それでも続いていく日常を淡々と暮らし、日常の言葉を淡々と積み重ねられるような、そんな人。

カッコいいことを言おうなんて思わずに。まして、何も言わずにいようなんて怯えずに。

 

 

今日のカフェ情報:Coffee Valleyのたまごサンド。

 

今日はカフェじゃなくて書店での話なんだけど、いつも通りカフェ紹介を。

池袋駅東口、ちょっとごちゃっとしたところにたたずむ大好きなカフェです。パーラー江古田のパンを使ったトーストやサンドイッチ、どう考えてもおすすめに決まってます。

そして個人的に、たまごサンドってなんかビジュアルだけでおいしくて好き。ついつい毎回たまごサンド頼んでしまう。

 

Coffee Valleyのたまごサンドセット、880円。

 

 

-人間観察日記

執筆者:

関連記事

【人間観察日記・13】1階は建前、2階は本音

人間誰もが、多面体として生きているんだけどね。     Vol. 13 1階は建前、2階は本音 久しぶりにマクドナルドに入った。 なんとなく足が向かなくなって数年が経っていた。子供 …

【人間観察日記・2】サラダぐらいじゃ、女は美しく生きられない

申し訳程度のレタスとトマトじゃ、大した栄養なんて摂れないのかもしれない。 でも、心を少しでも潤すための水分が摂れたのなら、また笑うことだってきっとできるから。     Vol. 2 …

【人間観察日記・9】世界は広い、という当たり前の事実に触れるとき

世界をすべて知ることはできないけれど、「世界は広いんだな」と感じることならできたりするよね。     Vol. 9 世界は広い、という当たり前の事実に触れるとき 「50円のお返しで …

【人間観察日記・0】人間という愛おしき生き物の話

  思えば「人を見る」仕事をずいぶんやってきた。   今の仕事は、1人1人の魅力や強みをビジネスに変えることなので、完全に人を見るのがメインといえる。 というか、相手の本質までよく …

【人間観察日記・11】沈黙との戦いはいつまで続くのか

沈黙、怖かったなあ。今でもたまに怖いけど。   ※珍しく自撮りを載せてみる。     Vol. 11 沈黙との戦いはいつまで続くのか 髪を切った。 9月に入ったばかりなの …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *