oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

旅行・出張の記録

【はじめての台湾女子旅①】総統府→四四南村→象山→鼎泰豊→饒河街夜市

投稿日:2017年5月23日 更新日:

帰国してから早くも1週間以上経ってしまいましたが…。

5月14~16日、台湾(台北)に旅行に行ってまいりました!

 

台湾、ずっと行ってみたかったのです。知人に声を掛けてもらったので、「チャンス!」と思って一緒に行ってきました。女性4人です。海外旅行久しぶりだったなー。

 

いっぺんに3日分書こうと思うとけっこうなボリュームになりそうなので(あと私がなかなかそこまでの記事をまとめる時間を取れないので)、とりあえず初日の話だけまずアップします。続きはまた後日~。

 

 

台湾の総統府、月1回の自由見学日に訪問!

台北に午後到着して、ホテルに荷物を置いてからタクシーに乗って向かったのは、中華民国総統府

もともとは、日本が台湾を統治していた1919年に作られ、「台湾総督府」として使われていた建物だそうです。

 

この総統府、平日も一応見学はできるようなのですが、月1回、通常よりも広範囲を自由に見学できる日が設けられています。写真も撮れます。

台湾初日がその月に1度の見学日にあたる!という情報を知人が入手しまして、これは行かなくては!と真っ先に訪問。

 

※敷地の入口でパスポートを見せないと入れません。荷物検査もあります。

 

諸々のチェックを通過すると見えてくるのがこの外観。立派な建物ですね~。

 

 

 

内部もなかなか美しい。ちょうど日本だと大正時代ですよね。西洋の近代的文化がかなり入ってきている頃だと思うんだけど(歴史には疎いんだけど)、なんというかそういう雰囲気の建築です。

ちなみに右上の銅像の人はたしか孫文↓

 

 

こういう応接室みたいなところは、平日の見学だと見れないかもしれません。

 

 

内部の写真あんまり撮ってないことに気づいたんだけど(笑)、基本的には撮り放題だったと思います。平日も見学できる範囲には、けっこう豊富な展示物がありまして、ちょっとした博物館みたいになってます。

お土産屋さんもあって、ちゃんとしたデザインのお土産品を売ってたのが印象的でした。公共の施設ってひどいもの売ってることあるけど(笑)、ちゃんとしてた。そうでなくちゃねぇ。

 

中庭も美しいです。そのわりにあまり撮ってないけど…。

※今回、実は「写ルンです」も持っていったんですよね。フィルムの現像がまだなんですが、そっちに写真あるかもしれない。今掲載している写真は、一眼レフとiPhoneで撮ったやつです。

 

 

中庭から建物を見るとこんな感じ。

 

 

公開日は土日に設定されているようなので、台湾訪問時にタイミングが合う方はぜひ。見る価値あると思います。平日は午前中に一部を見ることができるようです。

 

 

レトロ空間・四四南村で絶品ベーグル♡

MRT(地下鉄)に乗りまして、次の目的地へ。

四四南村に行きました。台湾101という超高層ビル(ショッピング施設、オフィス、展望台)のすぐ近くにあります。

ここ、なんとなく検索をかけたときに「写真撮りたい!」と思ってルートに加えてもらったんですよね。もともとは軍人村として使われていた場所なのだとか。

 

当時の雰囲気そのままに…という感じなのですが、こんな場所が超高層ビルから徒歩5分の場所にあろうとは(つまり台北市内の都会の中にあるのです)。

 

 

 

 

いやあ、いくらでも写真撮れます(というか台湾撮影旅行やりたいってかなり本気で思った)。

 

この四四南村にある「好,丘」というお店でちょっと一息。

ベーグルがおいしいと聞きまして、ディップと盛り合わせをオーダーしました。

 

 

正直、ディップなくてもおいしかった(笑)。

ベーグルそのものがしっかりもっちり。少しトーストして温めてあったのがまた良かったです。テイクアウトもできますし、雑貨屋さんも併設されているので、とりあえず入ってみるだけでも楽しいよ(台湾のカフェにしてはお高めかも)。

 

夕飯までの腹ごしらえを済ませて、次の目的地に向かいます。

 

 

象山から夕焼けと夜景を楽しむ!

四四南村からタクシーに乗り、夕焼けと夜景を眺めるために象山に登ります

象「山」と言っても、都市部に本当に近いし、そんなに高い山でもないんですが(183mだそう)、景色が良いところまで登ろうと思うと、階段とか階段とか階段とか階段をけっこう上らないといけないのですわ、これが…。

 

しかし、英語も日本語も通じないタクシードライバーさん、行き先を告げたら、登りやすいルートを選んでくれたようで…車で入れるぎりぎりのところまで乗せてくれました!

こちらのサイトに書いてあるのと同じ、市立療養院から登るルートですね。

 

※台湾は本当に人が優しかった。過去に海外10ヵ国以上行ってますけど、ここまでの国は他にないです!

 

そんなわけで、象さんのいるこの階段からスタート。

お散歩している老夫婦とすれ違い、おじいちゃんが日本語でたくさん話しかけてくれました。なんかお正月の花火がきれいだとか言ってたな。さて、いってきまーす。

 

 

10~15分ぐらいかな?登った先から見える景色はすばらしかった。

 

 

台湾101を含め、街がとてもよく見える場所です。座って景色を眺めてるデート中のカップルがいたのですが、男性のほうが、勉強中とおぼしき日本語でいろいろ教えてくれました。ありがとう。

 

少し移動したこちらの展望台のほうが、景色がよく見えてきれいだね。

 

 

実は2日目以降はけっこうな雨に降られるのですが(雨の季節なんだよね今)、この日は夕焼けがきれいに見えました。良かった。

 

この日は母の日。台湾101のライトアップも母の日モードになっていて、「母の日おめでとう」的な意味と思われるメッセージとハートマークが、展望台のあたりに映し出されていました。

下の写真、ハートマークちょうど写ってるんだけど見えるかな?ビルのかなり上のほう。

 

 

なお帰りは、一番わかりやすくて多くの人が使うというルートから下りたのですが、急な階段が延々と続いていまして、片道だけでも楽しておいて良かったなあと思いました…ご参考まで。

あと、夜道なんですが、人が大勢いるので身の危険は感じないです(台湾では怖い想いは一度もしませんでした)。ただ、夜に登るなら、行きも帰りも人が多いこちらのルートがいいかもね。市立療養院側は人が少なかったので。

 

ついでにどうでもいいけど、筋トレのためなのか、その階段を四つん這いで足側から「ふんっ!ふんっ!」っていう掛け声付きで上っていくすごいタフマンがいました( ̄▽ ̄)腕も脚もムキムキだったぜ。走ってる人もいた。

 

 

小龍包だけじゃ終われない!鼎泰豊→饒河街夜市

さて、象山を下りて、歩いて台湾101へ。

日本でもすっかりおなじみですよね。鼎泰豊で小龍包

 

台湾101の地下に入っています。本店は別のところ。

 

 

日曜の19時すぎに訪問して、60~80分待ちというアナウンスでした。やっぱり人気店なんだねー。

でも、番号札をもらって、台湾101のショッピングエリアを仲間とふらふら眺めながら待っていたら、わりとあっという間でした。時間つぶせる場所があるという意味では、こちらの店舗おすすめかも。

 

というわけで、待ちに待った小龍包です。その他、餃子とか空芯菜とかチャーハンも頼みましたが、写真はこれだけしかないw

 

 

これ食べないと台湾って感じしないよね(謎)。やっぱりおいしかったです。

しかし、もう少し食べたい…というあたりでお店を出て、タクシーに乗車。台湾の夜は長いからね。ここでお腹いっぱいにしちゃったらもったいない!

 

向かった先はこちら!

 

 

饒河街観光夜市です。わーい。入口のネオンとともに臭豆腐のかぐわしい香り。わはは。

 

アジアのマーケット的なところって、なんか無性にわくわくするよね。こちらの夜市も、いろんなお店が立ち並んでいて、人もたくさんいて、雰囲気だけで楽しかったなあ。

 

食べ物から雑貨、占い的なものやマッサージまで、なんでもござれです。

 

 

 

 

で、小龍包を控えめにしていて少し余裕のあった胃袋には、胡椒餅をおさめました。

この胡椒餅、今検索して知ったんだけど(笑)、有名なんですね。たしかにけっこう行列してました。するする進むので、そんなに待ちませんけど。

 

 

福州世祖胡椒餅。あつあつのおやきって感じです。

お餅ってあののびるお餅ではなく、普通に粉で作った皮の中に、胡椒のしっかり効いたねぎとひき肉の餡が入ってます。おいしかったよ。急いでいなくてお腹に余裕があるならぜひともー。

 

1日目はここまでです。MRTに乗ってホテルへ。おつかれさまでしたー。

 

※ちなみに泊まっていたホテルは神旺大飯店(サンワンホテル)でした。日本語が話せるスタッフさんもいますし(英語はだいたい全員できそうな感じ)、すごく快適に過ごせました。MRTの駅からもすぐですしね。

 

台北市内はMRT(地下鉄)も便利ですし、あとタクシーも高くないので、交通機関に困ることはないと思います。夜でも怖くないです。今回私は4人で旅をしたので、割ると安いということもあり、タクシー率が高めでした。

 

 

※台湾旅行記、続きはこちら。

【はじめての台湾女子旅②】タクシーを貸し切って十分&九份へ

台湾旅行には「写ルンです」を持っていくべし!

 

 

-旅行・出張の記録

執筆者:

関連記事

台湾旅行には「写ルンです」を持っていくべし!

※2017年5月、台湾(台北)に行ってきました。 【はじめての台湾女子旅①】総統府→四四南村→象山→鼎泰豊→饒河街夜市 【はじめての台湾女子旅②】タクシーを貸し切って十分&九份へ   今日は …

【はじめての台湾女子旅②】タクシーを貸し切って十分&九份へ

※2017年5月、台湾(台北)に行ってきました。   この記事の続きです。     2日目はタクシーを貸し切って郊外へ 2日目は丸1日あるということで、ちょっと遠出。 今 …

【新潟駅周辺】女子一人旅でも楽しめるグルメスポット3選。

ちょっくら星野源とあそんでくる! #待ってろよ新潟#待ってろよ星野#雨やまないとぶっ飛ばすぞ#ホームから見えるアルシェが懐かしい#Continues 及川 智恵さんの投稿 2017年6月29 …

京都・東山エリアの観光スポット一覧【個展のついでにぜひ!】

京都での個展が迫ってきています。1ヵ月後の今日は最終日ですってよ!(ぎゃああああああ) ↓↓↓   今回会場としてお借りするあーとぺーじ唯心さん、京都・東山駅から歩いて数分のところにあるんで …