oikawachie official website

雑食系フリーランス 及川智恵/世界には、人の数だけ「面白い」が溢れている。

ひとりごとコラム

「人間を編集する」仕事をしているかもしれません。

投稿日:

「何してるの…?」とか「何がしたいの…?」とか、不思議そうに聞かれるようになりました。まあそりゃそうだよね。このサイトに書かれてる記事も多岐にわたりすぎてるし、先月は申し込めるサービスありませんでしたし。

「今年はやりたいこと全部やろう」と決めてたのですが、訳の分からない人だと思ってもらえるようになってきたのは、それができてる証拠だと思うので、結構嬉しいです(笑)。

いや、そういうほうがなんか楽しいからさ。いっそのこと「なんだあいつ」ぐらいになれたらいいなと思いますw

 

でもさすがに、何やってる人か全くわからないのは仕事上困ることもあるよなあと思って、今考えていることを殴り書きしておきます。そのうちコンセプトみたいな形で整理できたら良いけど、そこまで発展するかどうかは微妙。

 

 

「人間を編集する」という視点

「人間編集」ってためしに検索かけてみたら、ゲノムとかクローンとか、遺伝子操作みたいな話がいっぱい出てきて怖かったです(爆)。

 

そういう意味ではなくて、なんか「私、人の編集をしている気がする」ってふと思ったんですよね。いわゆる編集の仕事ってしたことないので、想像とか推測とか独断も入っちゃいますけど。

(あ、でもそういえば、雑誌作りの仕事って実は大学時代にかじったことあったな。後ろに名前載ったし)

 

へんしゅう【編集】

資料をある方針・目的のもとに集め、書物・雑誌・新聞などの形に整えること。映画フィルム・録音テープなどを一つにまとめることにもいう。

(広辞苑第六版)

 

読者層とかテーマ(切り口)を決めて、そこにフォーカスして情報をぎゅっと1つにまとめるのが「編集」なのかな、となんとなく理解しています。

それってつまり、世の中の一部をある視点で切り取って提示することなのかな、と。

 

 

1人の人間を、ある視点で切り取る

私がやってきたこと(そしてたぶんこれからもやっていくこと)って、

1人の人間をある視点で切り取って提示すること

なのかもしれない、と思いまして。だから「人間の編集」ね。

 

私はずっと、起業家・個人事業主向けに、1人1人の魅力を引き出して言語化し、いわゆるセルフブランディングに発展させて、ビジネスにつなげるようなことをやってきました(このサービス改訂するのでちょっと待ってね)。

それってまさに「人間の編集」だと思うの。1人の人間を、「魅力」とか「ビジネス」という切り口で切り取って、世の中に提示して、知ってもらって売れるようにしていくっていう。

 

1人の人間も、切り口ってさまざまだし、「自分らしさ」って1つじゃないです。仕事してるときの自分と、家でだらだらしてるときの自分って違うと思うんだけど、どっちも自分であることには違いないですよね。

だから、どの切り口でその人を見るのか?って大事です。見え方が全然違っちゃうから。雑誌で言ったら、主婦向け雑誌でも「料理雑誌」と「ファッション誌」で中身全然違うのと一緒。同じ人たちの日常の異なる側面を取り上げてる。

 

あと、人間観察日記というものを書いていますが、これも私の視点で見知らぬ人の特徴を切り取って提示してるわけで。

これね、ただ趣味で書いてるっていうわけでもないんですよ。まあ、楽しくて書いてる部分も多いですけど。

「面白いな」とか「いろんな人がいるんだな」とか「私もこれでいいんだな」とか「そうかこうやって考えればいいんだな」とか、何かしらのことを感じて、得てもらえたら嬉しいなあ、と思って書いてるのです、一応。

いろんな人を面白い切り口で紹介できたら、読む側も視点が増えて、いろんな人を面白く見ることができるようになるし、受け入れられる幅が広くなるのではないかと。自分のことも含めてね。意図通り伝わってるかわからないけど。

 

 

Webサイトだって「編集」する

Webサイトの編集っていう言葉は「人間の編集」よりも普通だよね(笑)。

最近アップしたこちらのサービスにも「編集」って入れました↓

もし、文章があなたの代わりにお客様を連れてきてくれるとしたら。【WordPress記事編集サポート】

1つ1つの記事を「編集する」(形を整える)という作業も発生するんだけど、Webサイトを作ろうっていう場合、それ以前にやらないといけないことって、

  • お客様自身のことをよく知ること(誰に向けてどんな切り口で発信していくとビジネスとして良さそうなのか)
  • Webサイト全体としての方向性を決めること(誰に向けてどんな切り口で発信していくのか明確にすること=お客様を見るのと同じ視点ですね)

で、それができて初めて、1つ1つの記事がちゃんと編集できる感じ。それこそ雑誌作りとかに近いんじゃないだろうか。

どんな人にどんな情報を提供する雑誌なのか。そのためには個々のページをどうやって構成するのか、みたいな。雑誌ってやっぱりある程度統一性があるもので、Webサイトも一貫した軸が見えると伝わりやすいです。

で、そのスタート地点は、特に個人事業主の場合は「人間編集」なんですよね。その人をどんな切り口でビジネスの場に差し出すかっていう。

 

…と言いながらも、私のサイトが見た目完全にカオスなんですけど(笑)。

 

でもね、「人間を編集する」っていう切り口が入ってくると、意外と統一されるような気がしています。私の関心は、全部そこなんだなと思って。できるだけ人間の良いところとか面白いところを世に伝えていきたいっていう。

写真だって、私あんまり人は直接撮らないですけど、結局「人間の住む日常を編集する」ってことだったりしますしね。

 

…言い訳っぽいか(一応ほんとなんだけど)。

 

 

-ひとりごとコラム

執筆者:

関連記事

Twitter&Facebook投稿まとめ【自己満足&情報整理用】

TwitterにFacebookにいろいろ垂れ流しているのですが、メモ代わりに投げていることもあるので、私自身が見直したいときがけっこうあるんですよね。そこからブログ記事書いたりもするので。 そんな個 …

マナーのポスターなんか、破り捨てられる日が来たらいいのに

電車の「マナーを守ろう」的なポスターが嫌いなのです。 そもそもあのポスター、あんまり効果ないんじゃないか?ざっと検索かけてみたけど、「効果が出た」っていう記事とか論文、上位には1つもなかったぞ。 &n …

真面目な人は、自ら壊れることを覚えたら最強だと思う。

たびたび思ってきたことを、ちょっとまとめておこうと思います。何かしら参考になったら嬉しいです。 けっこう感覚的な話なのだけど、どこまで伝わるかなー。   壊れ方を知れ。たまに自ら壊れよ。特に …

夢はもう、現実と妄想の狭間に落としてしまった

高校3年生の頃。 進学したいと思っていた大学の推薦入試に、「将来の夢について作文を提出すること」という課題があった。 出願時に提出するものだったので、事前に時間をかけて書いて、通っていた高校の先生と塾 …

太陽になれるはずのない月が、それでも太陽に憧れ続ける不毛な話

  「私は嫌われている」 子供の頃から、何かと嫌われた思い出ばかりがいっぱい残っている。   幼稚園に行くバスの中で、親しいと思っていた子に「いつもいつも隣に座らないでよ」と睨まれ …

What’s New

【What’s New】
*最新情報をお知らせします*

エッセイ集「人間観察日記」Amazonで発売中!

フォトブック「レンズたちのむこう側」発売中!

 

「雑食系フリーランス月報」
↓↓近況や内緒話など毎月5日にお届け中↓↓
メルマガ登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *